常識からオリジナリティへ

dark_light

日常の中にある「こうあるべき」という考え方。「私は○○だからこうしなければならない」とか「○○の業界では常識だからこうしなければならない」等。その視点でいては、自分の本質やオリジナリティを知る事から離れて、集合的な催眠状態へと向かってしまいます。

様々な常識やパターンは、過去の栄光であり、それが必ずしも今この瞬間に自分のオリジナリティを輝かせるために役立つとは限りません。常識は他者を含めた大人数の概念の集合体ですし、パターンは生き残るための術とも言えます。

どうしても何か新しい事に挑戦しようとしたり、今の現状を変えようとすると、「こうしなければならない」というような想いが出てきます。そして、その常識に従って行った結果、他の人も同じような事をしているので、オリジナリティが消えてしまい他者の人生を歩むような感じになってしまいます。

周りや過去の情報はあくまでも参考程度にし、そこからオリジナルな方法を発見し、実践していく事が自分の個性や価値を知るキーだと感じています。クリエイティビティ・創造力の中にそのヒントが眠っています。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。