I AM

expands

「私は○○です」という宣言が日常を動かしています。この○○に自分自身の本質を表現している言葉が入れば、もはや無敵状態になれます。

 

私たちはどこにいても何をしていても自分しか存在できないと言えます。確かに、目の前には他者が認識できるかもしれませんが、他者も本質的には自分の投影であり創造体と言えます。

 

この意味で、「私」をいつでも認識できていれば、何があっても大丈夫です。どのように認識するかですが、五感と感情・フィーリングを意識的に味わい、それらを今行っている行動に総動員して体感をすることです。つまりは、意識的に今という瞬間を味わうことですね。そうしているうちに、自分の本質の存在が姿を表してきます。

 

他者にはなれないのがこの世界での体験です。誰かに対して憧れたりすることは悪いことではありませんし、そこから自分を知る事ができるものですが、だからと言って完全に他者になろうということは無理です。オリジナルの存在としてこの世界で日々体験をしていることが大きな私たちの意義であり命題です。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。