人に歴史あり

週末、ふと思い出したかのように昔のパソコンのデータ整理を行ないました。そのパソコンは以前はメインで使っていましたが、ノートパソコンが来てからはしばらく使っていなかったもの。久々に立ち上げたら、僕が東京に上京してくる時からのメールがありとても懐かしかった~。

1998年3月からのメールがあり、大学の卒業式辺りからのものがあり、当時の自分の想い等を確認することができました。昔の友達からのメールも懐かしかったですが、自分が友人に宛てたメールが面白かった。自分がどのような想いで東京に来たのか、当時はどのような考えで働いていたのか、友人達とはどんな関係でいたのか、等など自分の東京に出てきてからの歴史がそこにはありました。

1998年3月と言えば、8年前。8年間は本当にあっという間のような感じです。この間に本当に劇的に出来事が進んだように感じます。このブログにも以前登場している韓国生まれでアメリカに住んでいる友人にSunnyという友人がいますが、彼とはネットを通じて出会いました。今では兄弟のようであり、また昔からの親友のような関係性ですが、初めの切欠のメールも発見し、当時の出来事が鮮明に蘇りました。人の縁とは本当に不思議ですね。

当時何度もメールのやり取りをしていた友人とは最近はちょっと音沙汰なし。前のようにやり取りをしてみようかな。

昔のメールを確認することで、自分の進化や改めて知るべき点等が見えてくると感じます。お試しあれ。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

人に歴史あり” に対して1件のコメントがあります。

  1. senjyunoitte より:

    8年前ですか~。
    それは懐かしく感じますよね。
    プチタイムカプセルですね^^
    熱い想いが今も光っていることだと思います。
    ひどく懐かしい光が、衰えずにw
    素敵ですねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください