正夢の見方その2~願望を実現化させる方法~

正夢の見方 その2~願望を実現化させる方法~

1.今持っている願いを叶えたい願望・夢に関わる情報を枕の下に入れる。これは、現実化させたい夢を書いた紙を枕の下に置いたり、新しいマンションに引っ越したい場合は理想とするマンションの広告等を置きます。

2.「私は自分の夢を100%現実化できることを知っています」というようなアファメーション(宣言)をして寝ます。

3.そのまま寝て夢を見ます。

4.朝起きたら夢の内容、もしくは夢で見たヴィジョンに関するキーワードをメモしておきます。

5.夢で実際に体験した出来事で自分でできる範囲で実行します。

正夢の見方その1と同じような方法になりますが、異なることは願望にフォーカスしている点です。叶えたい夢に関するものを寝る前に確認して枕の下に入れることで意識にスイッチを入れることになります。もし既に願望が明確されているのであれば、何もする必要はありませんが、人間のあくまでも傾向ですが、意識が鮮明に願望にフォーカスされず、外側の情報(明日の予定、仕事の悩み、一日の反省等)ばかりに気を取られてしまい、本来の自分の内側の情報に気付かないことが多いんです。そのため、意識化するために夢の情報を使います。

何故「寝てみる夢」と「叶えたい夢」に同じ「夢」が使われているかが大きなヒントになっています。

夢をエンジョイすることで、この実際の現実との統合が生まれ、正夢、つまり夢が現実化された形として具現化されてきます。夢の情報を活用することがこれからの時代とても大切になってくると僕は感じています。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください