FUYU NO HI NO MELODY

a6ce4157.jpg横浜の神奈川県民ホールで開催された杉山清貴コンサートツアー~FUYU NO HI NO MELODY~に行ってきました。毎年恒例行事になりつつありますが、僕と全く同じ誕生日で、しかも同じく石を扱う仕事をしていて、しかも娘さんも同じ誕生日という友人と一緒に行きました。しかも同じ杉山さんファン。

ライブは先日発売された「KT’S BEST-FUYU NO HI NO MELODY-
」からメインで選曲され、バラード中心でとてもまったり+感動的なライブでした。途中からはヒートアップしたナンバーもあり、とても盛り上がりました。クリスマス時期ということもあり、名曲クリスマスソングの「最後のHoly Night」そして、20年ぶりのクリスマスソング「THANK YOU FOR CHRISTMAS
」もあり、とても気持ちがよい一時でした。Thank you for Christmasは杉山さんの精神性を表しているようで意識に大きく響く曲ですね。杉山さんはネイティブアメリカンのスピリチュアリティを探求していた時期もあることもあり、人と人との関わりをとても大切にしているということが歌から伝わってきます。

やっぱり音楽はいいですよね。音楽は生きている喜びを思い出させてくれる素晴らしいツールだと感じます。人それぞれで、心に響く音楽は違いますが、共通するのは音楽を聴くことで心が活性化し何らかの喜びを体験するということです。音はバイブレーションであり、振動を持っています。その振動が聴覚、または触覚から意識へと響きます。

音楽はエネルギーであり周波数を持っています。そして、その音が様々な意識的な要因に共鳴します。人との出会いもそうですね。一見関係なさそうに感じるかもしれませんが、音楽は出会いを演出します。音楽によって人との出会いが増えたり、運命的な人と出会ったり。音楽は感謝すべき音のアートですね。

そんなこんなで、今日一緒に行った友人と終わった後、忘年会。いろんなアイデア交換もできました。面白い気付きがありました。味の嗜好も似ていることです。
やっぱり、同じ誕生日で同じ音楽に共鳴するということは、お互いテンプレート(鏡)的な存在で、お互い自分を知るために出会ったんでしょうね。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

FUYU NO HI NO MELODY” に対して1件のコメントがあります。

  1. くまくま より:

    とみさん(とお呼びして宜しいのでしょうか)さっそくのお返事ありがとうございます。
    私の家族はあまり信心深くないのですが、何故だか私だけ(といっても一人っこ)は小さい頃から「これこれしたら神様から怒られる」とかった思っていて、今もその考えは変わっていないようです。見たり、感じたりしたことは全くありませんが、、。
    2年くらい前に主人とモン・サン・ミシェルに1週間滞在したときに写した写真で私の体の中心部分に白くて大きな白い光(しかも、規則的なお花のような柄になっています)が写って以来、旅行やパーティーなどで写した写真にはほとんど同じ柄の光が写るようになりました。
    先日、とみさんの旅行での際に写っていた光に似ているような気もしますが、いつも同じ柄なのは何か理由があるのでしょうか?

  2. ウスシックスver∞ より:

    音楽はイイよ! トミーくん!! 最近アイヌにハマッてるけど、いいよ。なんか雄大なカンジで。こないだのクリスマス連休に新宿でアイヌVS琉球みたいなイベントがあって、お互いのイイ部分が出まくってて「日本人で良かったなぁ」ってつくづく思ったね。ちなみにアイヌの民族楽器トンコリとムックリが面白い! オススメはOKIと安東ウメ子さんですわ。
    ということで、今年も要所要所でお世話になりました。なかなか会う機会が取れなかったけど、トミーくんからはいつもものすごいパワーもらってたよ。29部は残念だけど、年明け29は必ず!!
    TOMORROW NEVER 29!!ってコトで。
    来年も変わらずトミーくんにとってエキサイティングでエクセレントでエグエグな年になりますように!! 良いお年を!!!!!!

  3. とみ より:

    >>くまくまさん、
    メッセージありがとうです。写真に写る光は様々の存在があり、実物を見ていないので何とも言えませんが、お花のような模様のある光は、私たちの空間、もっと言えば、現実を作り出しているエネルギー体の一種だと感じます。日本では三種の神器の一つである「鏡」のシンボルになっていますね。また、空間を作るのは言葉です。この世の全てが言葉によって作られているとも言えると思います。まさにプログラムの世界で、その光の中には様々なシンボルが表現されることがあります。そこから、今入力している文字が作られたと僕は感じます。一度そのような光を見ると、「存在する」ということを知ることになるので、意識にインプットされていて頻繁に写るようになりますよ。「鏡」について調べてみると面白いかもしれませんね。

  4. とみ より:

    >>ウスシックスver∞
    コメントありがとお。アイヌにはまってるのか~。まさに宇宙意識!遂にコンタクトが始まった感じね。どの惑星からのアクセスか今度確認してみよう!音は本当にいいよねぇ。音霊パワーでグッドバイブレーション!今度一緒にライブ行こうぜい!
    今年はちょっと会う機会が確かに少なかったけど、質はかなりあったよね。来年もお互いエンジョイの波にのって、∞で行こう!!∞はなかなか僕も気に入ったよ。ほいでは、よいお年を~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください