シャーマニックリチュアル報告会開催しました

12510093_927379617357986_377018660_o

1/11に五反田JMAスペースにてアウェイクニングプログラム第一期のシャーマニックリチュアル報告会を開催しました。多くの方にご参加いただき、感謝しております。

報告会では、創造の源を体験したメンバーに創造の源体験とその後の人生がどうなってきたか?を語ってもらいました。

 

創造の源とは、文字通り全ての森羅万象が創造されるポイントであり、全ての始まりの瞬間、意識の故郷とも言うべき領域で、ここを腑に落ちた形で分かることがシャーマニズムの儀式を通してできます。別の言い方をすれば、自分の正体が分かる体験、インスピレーションの源を知る体験、臨死体験、自己覚醒体験、セルフリアライゼーション、悟りの境地・・・様々な伝統や文化でいろんな呼び方があります。その領域は普遍的ではありますが、体験した一人ひとりの個性や表現方法、概念によって様々な捉え方ができるものです。それが、この世界で存在している証でもあり、ユニークさでもありますね。体験をすると、「二度生まれし者」となり、人生を自分の意思でフルに生きる事になったり、メンバーの言葉を借りれば人生の再構築という体験になります。

 

報告会では、一人ひとりがユニークな表現方法で創造の源を体験し、実際にリチュアルを目の当たりにしていましたが、改めて体験談を聞くと、リアルにあの瞬間を思い出し、とても感動的でした。

 

次回の報告会は2/11(祝)18:30-21:00を予定しています。今回参加できなかった皆様、是非次のタイミングで体験談を聞きにお越しくださいね。

 

それにしても、この創造の源を知るという体験は古からの秘儀でもあるのですが、実は多くの人々はあまり体験をしたくないと想っている体験なんです。というのも、創造の源を知ってしまったら、ドラマが終わってしまうからです。スピリチュアルな探求も終わりますし、様々な社会的なゲームへの参加もなくなってしまいます。ただ、この瞬間を生きることになり、過去への後悔や未来の不安もできなくなってしまいます。ドラクエ的なRPGで言えば、どこに宝物があって、どの道を辿ればゲームがクリアできるかが分かります。なので、あとは必要な経験(概念)をシンプルに生きていけば、傷付いたり葛藤したりすることなく、スムーズに自分の意図通りの世界が創造されていきます。創造の源を知るには、決意や意図、そして体力が必要になります。

 

現在、2/20(土)から10ヶ月のアウェイクニングプログラム第3期の募集をしております。現時点で4名の方が参加表明されているので、残席は2となっております。10ヶ月のプログラムですが、厳密には9ヶ月目が最終ステージのシャーマニックリチュアルになります。なので、約7ヶ月の集中した準備をして、リチュアルに望むプログラムになっています。詳細はアウェイクニングプログラムのご案内を参照していただければと思いますが、このプログラムのテーマはズバリ「旅を楽しむこと」です。いろんな場所を散策したり、温泉に行ったり、メンバー同士の交流を深め、一人ではなくメンバー全員で創造の源を目指す少人数制のプログラムになります。

シャーマニックリチュアル報告会+懇親会

日時:2/11(祝) 18時30分~21時
料金:無料
会場:五反田JMAスペース(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/share2016.php

アウェイクニングプログラム~創造の源への旅~第3期募集中

第3期:2016年2月20日(土)~2016年11月12日(土)までの10ヶ月(全10セクション)
残席:2(1/14現在)

10ヶ月のプログラムには下記の内容が含まれます。シャーマニズムの儀式の準備のために、心身のバランスから意識の拡大・利用までを含んだトータルプログラムで皆様をサポートしていきます。

★ワークショップ(月2回)
★アカシックレコードリーディングセッション(2回)
★ベーターセッション(2回)
★ゲスト講師(大野百合子氏)によるワークショップ
★チャクラ曼荼羅全7枚+アカシックビジョン1枚
★講師による個別のコーチング(メール&電話・スカイプetc)
★国内温泉リトリート(Hot&Coldセラピーetc)
★海外でのシャーマニックリトリート etc

詳細は→http://www.w-blue.com/awakening/index.php

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。