ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

ハートチャクラのシンボル

   


人間には主幹として7つのエネルギーセンターがあります。これはチャクラと呼ばれているもので、サンスクリット語で「輪」を意味する言葉です。そして、私たちのバランスを司っているチャクラが胸腺部分にあるハートのチャクラです。【チャクラの詳細はエリーがやっているサイト「ストーンジュエリー T&E」のチャクラのページをご参照ください。

バランスとは、白黒はっきりと分離をせずに、調和されている状態。例えば、あの人のこの部分が好きで、あの部分が嫌いだ。というような、一つの事象に対して、二つの見方をしてしまう場合、これはバランスではなくアンバランス。

ただ、その人そのものを認めて完全な姿としてみることができれば、そこにはバランスや調和が存在するということになります。

日本人はハートが大きいと言われています。ニューエイジやスピリチュアルな概念でよく言われるのが、「ハートを大きくしなさい」というものです。しかし、ここにはある意味落とし穴があります。ハートが大きくなればなるほど、他者の事を個人的に捉えがちになります。感情移入が強くなるという感じですね。例えば、誰かが苦しんでいる姿を見たら、それを自分のように捉え苦しくなるというものです。日本人的な美学としても捉えられる行動かもしれませんが、これでは、最大限のサポートができなかったり、自分自身のビジョンを生きるのではなく、他者のために生きることになってしまいます。

ハートは大きくするのではなく、バランスよく活性化することがポイントだと感じています。そうなってくると、過去や未来への比較、他者との比較をする必要がなく、今この瞬間にある自分自身のビジョンを発揮できるようになります。瞬間を自分らしく生きるためにはハートのバランスを取ることが大切のように感じています。他者が苦しんでいても、その苦しみにはフォーカスせずに、どんな形であれ今できる最大限のサポートができるようになってくるでしょう。

ハートのチャクラには伝統的なシンボルがあります。それが上部の写真のようなデザインです。サンスクリット語で「YAM(ヤーム)」という音を描いており、その音が完全なバランスを象徴するヘキサグラムの中に描かれています。

今回フィンランドのメーカーのLAURI社に依頼して、ハートのチャクラのシンボルを描いたトナカイの角のペンダントを作ってもらいました。現在、残り6個になっております。ちょうど、ペンダントは首から下げるとハートのチャクラの位置に来るのでツールとしては最適なものになったのではないかなと思います。ご興味ある方は下記のページにアクセスしてみてください。

ハートチャクラマジックペンダント

▼7月のワークショップのお知らせ

日程:7月2日(土)3日(日)
時間:両日とも11時~18時
料金:48,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/bilocation07.php

イブニングワーク「サウンドメディテーション」
音(サウンド)は非常にパワフルなエネルギーです。この世界は「音」から始まったとも言われているように、音は私たちの心身に大きな影響を及ぼします。今回のワークでは「音」にテーマを搾り、特殊なサウンドやマントラを使って、リラックスしたり意識を拡大するワークを予定しております。

日程:7月21日(木)
時間:19時~21時
料金:3,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/evening/evening93.html

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 健康・ヒーリング, 意識・心・気付き ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

自分の価値をビジョンを通して知る

五感や感情という感覚意識を通して、私たちは日常を生活しています。五感と感情がビジョンです。一般的にはビジョンというと映像的な印象があると思いますが、ビジョンとは五感と感情が組み合わさった複合体です。 …

誰もがクリエイター

  私たちは誰もがクリエイターであり、アーティストです。それは例え仕事として行っていなくても、日々の日常の中でアーティスティックな部分やデザイナー的な能力を発揮して人生を進めていきます。 & …

マントラの音で自分とつながる

マントラとは日本語にすると真言になり、「音」「言葉」を意味するサンスクリット語です。もう少し深い意味としては「本質を所持している音」ということになります。ちなみに、「本質を所持している色・形」になると …

no image
Q&A Vol.1

今回のブログはドルフィンマインドのアンケートやワークショップ等でお客様から頂いたご質問の回答です。参考にしてみてください。 Q1. あまり夢を見ていないのか覚えていません。何か夢をクリアに見る方法があ …

AOLに参加せずに本質を生きるために

私たちは過去の経験から様々なストーリーを身に着けてきています。その過去のデータから、未来を予測したりリハーサルしたりして、なるべく安全に生きていたいと思うのが人間の本能的なアイデアです。その逆に、私た …

未来の予知をどのように活かすか

アカシックレコードやリモートビューイング、夢や幽体離脱等でタイムラインの中へ入って行く事で、これから起こりうる未来の可能性(プロバビリティ)を知る事ができます。簡単に言えば、予知や予言ですね。 &nb …

曼荼羅の夜

曼荼羅(マンダラ)とは仏教や密教の仏画的なイメージを思い起こす方もいるかと思いますが、マンダラとは私たちの本質・エッセンスを表現したシンボルやイラストです。ある意味、私たちが見ている世界はマンダラであ …

no image
ヒップホップ復活!

約2年振りにヒップホップ(ダンス)を再開しました。 大井町にあるスポーツクラブの一日体験券を利用し、ヒップホップのクラスに参加してきました。 初めてクラスに参加するときってちょっと不安もありますが、 …

no image
祈りの力~Hare Krishna

今回の地震・津波で被害を受けられた方々、心よりお見舞い申し上げます。 今起こっている深い悲しみは、体験された方でなければ本当の痛みというものは感じられないと思います。一刻も早く今の現状が改善され、傷が …

no image
実をつけるために・・・

この世界のシステムのユニークな点は「時間」という道具があるということです。 そのため、種を蒔いて、芽が出て、実を結ぶには、時間が多かれ少なかれ掛かります。 もしこの「時間」にフォーカスをしてしまうと、 …