ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

期待・執着から離れてビジョンを生きるために

   

beyond_the_time

期待や執着は私たちの人生の道を収縮させ、不安・嫉妬・妬み・心配・後悔などを生み出すことに繋がります。期待・執着は、見返りを求めている状態で、他者との比較、時間(過去や未来)との比較、そして「こうでなければならない」という頑なな正しさから生み出される心の偏りですね。期待や執着があると、簡単に私たちは傷付きます。

 

期待・執着が無い状態とは、今この瞬間を生きている状態、今の瞬間を五感と感情(またはそれ以上の感覚)を通して味わっている状態と捉える事ができます。この状態であれば、全てが「在る」「存在している」という状態になり、「何も失うものが無い」「全てはなるようになっている」ということが腑に落ちた満足な状態で納得できます。これを「ビジョン」とも呼びます。

 

そうは言っても、なかなか期待・執着を完全に止めることは難しいもので、癖になっていたり、無意識や潜在意識に入っていて、思考パターンや行動パターンとして日々の日常の様々な場面で自動的に期待・執着になってしまっているということもあるかと思います。

 

期待・執着から離れて、本質的なビジョンを生きるためには、日常の中で「今この瞬間」を味わっていく事です。創造力を使って何かを作ったり、運動を意識的にしたり、ヨガや瞑想など集中する実践をしたり、心と頭を柔らかくして柔軟性や工夫心を養うことがキーです。「こうでなければならない」という想いがあったら、そう思うメリットは何なのか?その想いはどこから来ているのか?をあまり深く考えすぎずに触れてみるのもよいでしょう。

 

ただ、期待することは悪いことではありません。例えば、新しい能力を身に着けたい場合など、できるという期待が必要です。でも、この場合の期待は、他者との比較からではなくてワクワクとした心の奥深くから発している期待ですね。「これだけやったんだから、できなければダメだ」という何か比較が入った期待はまさに執着になってしまいます。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き, 現実化・シンクロ(共時性) , ,

  関連記事

ハートチャクラのシンボル

人間には主幹として7つのエネルギーセンターがあります。これはチャクラと呼ばれているもので、サンスクリット語で「輪」を意味する言葉です。そして、私たちのバランスを司っているチャクラが胸腺部分にあるハート …

もし言葉がたった一つしか無い世界だったら

  日曜日、月曜日と実家の松本から両親が上京し、孫の顔を見て本日帰っていきました。松本のジジババの孫を抱っこしている姿に血筋や家系の歴史の一場面を見た感じがして何か不思議な感じがしました。こ …

no image
情報と心

今はまさに情報社会ですね。人の心の状態も情報と関係が強いように感じています。今や携帯電話やインターネットは無くてはならないツールとなっていますが、便利な面がある反面、私たちの心に不安や心配事などの種を …

no image
全ての気持ちは選択次第

どんな気持ちになるかは全て自分の選択次第です。それは誰からも強制されるものではないし、必ずそう感じなきゃいけないってものでもありません。 でも、何か起こったとき、自動的に過去の体験と比較をして、同じよ …

no image
感情を味わう

小さい頃の体験を通して、私たちは感情を抑圧することを覚えてきました。 例えば、「我慢しなさい」「こうしちゃいけない」等のコントロールを様々な場面で受けることで、悲しみや怒り等の感情を表現せずに無理に抑 …

鳥のシンボル-Boji Stone

最近、鳥のサインが来ています。 外でふと目を下にするとスズメ君達がいたり、事務所の外に見える屋根の上からカラスがこちらをずっと見ていたり、外に出たらどこからともなく白い鳥の羽が空から舞い降りてきたり。 …

no image
記憶の相違

私たちは成長の過程で様々な「指針」「ルール」を決めて生きてきています。この前も書きましたが、それが生き残るための戦略ですね。そして、その戦略に従って自らに罰を与えたり、傷つけたりしています。 その戦略 …

no image
「疑い」から「質問」へ

「疑う事」がエネルギーの流れを止めるのに一番早い方法です。パフォーマンス不安や集中力の欠如にも関わるけど、「自分はちゃんとできているのだろうか?」という疑いや不安。これが、自分の進む方向にストップを掛 …

no image
ヒラメキはゲートウェイ

突然、歯を磨いていた時、お風呂に入っていた時、トイレに入っていた時などに、今まで抱えていた問題の解決策やアイデア等、ひらめいた事ってありませんか?その時の状態っていうのが、一言で言えばリラックス状態。 …

no image
インドでの出来事の後に・・・【パートナーと繋がる】

インド南部のチェンナイに近い街。別々の貴族の子供として生まれた女の子のラクシュミと男の子のシュリーが暮らしていました。 幼馴染として育ち、家族通しが密接に親しい間柄だったこともあり、いつも一緒に幼少期 …