ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

期待・執着から離れてビジョンを生きるために

   

beyond_the_time

期待や執着は私たちの人生の道を収縮させ、不安・嫉妬・妬み・心配・後悔などを生み出すことに繋がります。期待・執着は、見返りを求めている状態で、他者との比較、時間(過去や未来)との比較、そして「こうでなければならない」という頑なな正しさから生み出される心の偏りですね。期待や執着があると、簡単に私たちは傷付きます。

 

期待・執着が無い状態とは、今この瞬間を生きている状態、今の瞬間を五感と感情(またはそれ以上の感覚)を通して味わっている状態と捉える事ができます。この状態であれば、全てが「在る」「存在している」という状態になり、「何も失うものが無い」「全てはなるようになっている」ということが腑に落ちた満足な状態で納得できます。これを「ビジョン」とも呼びます。

 

そうは言っても、なかなか期待・執着を完全に止めることは難しいもので、癖になっていたり、無意識や潜在意識に入っていて、思考パターンや行動パターンとして日々の日常の様々な場面で自動的に期待・執着になってしまっているということもあるかと思います。

 

期待・執着から離れて、本質的なビジョンを生きるためには、日常の中で「今この瞬間」を味わっていく事です。創造力を使って何かを作ったり、運動を意識的にしたり、ヨガや瞑想など集中する実践をしたり、心と頭を柔らかくして柔軟性や工夫心を養うことがキーです。「こうでなければならない」という想いがあったら、そう思うメリットは何なのか?その想いはどこから来ているのか?をあまり深く考えすぎずに触れてみるのもよいでしょう。

 

ただ、期待することは悪いことではありません。例えば、新しい能力を身に着けたい場合など、できるという期待が必要です。でも、この場合の期待は、他者との比較からではなくてワクワクとした心の奥深くから発している期待ですね。「これだけやったんだから、できなければダメだ」という何か比較が入った期待はまさに執着になってしまいます。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き, 現実化・シンクロ(共時性) , ,

  関連記事

no image
諸行無常と諸行常住

「諸行無常」とは仏教用語で「この世の全ての万物は一定ではなく、常に移り変わっていくものだ」というような意味です。まさに自然のサイクルを表している言葉のように感じます。この世に自分自身と全く同じ人はいま …

幸せは在る

私たちは幸せになりたいというモチベーションで、様々な行動を取って幸せを求めていく傾向があります。 「幸せ」という言葉の定義は人それぞれが、僕が感じる「幸せ」とは、言葉で表せば「完全なる私」「満足、満た …

縁結び

2月2日~4日まで出雲地方へと行って参りました。2月からワールドブルーとして一緒に歩んでいくパートナーのエリーとの新しいスタートの意味を込め、節分の時期に合わせて出雲大社や八重垣神社等を参拝してきまし …

no image
スペース&リラックス

もしストレスや心配事等、何かの事で一杯一杯になっていると、自分のスペースが小さくなってしまい、周りを観察することができなくなります。そうすると、現実化もそうですし、受け取れるものが受け取れない状態にな …

no image
魂の繋がり

魂意識にはグループがあります。同じ仲間同士であり、ソウルグループ、ソウルメイトと呼ばれています。自分の仲間の魂が別の場所である体験をすると、自分にもその影響が来ることがあります。 魂の意識は氷山の一角 …

no image
「音」のボリューム

私たちの内側の奥深くには永遠の輝きがいつでも光っています。永遠の「音」「色」「形」「エネルギー」と言う事もできますし、「本質」「魂」として捉えることもできます。昨日は「サウンドメディテーション」という …

no image
I AM

「今ここに在る」これを英語では「I AM」と阜サされます。I AMは「私は~です」と和訳されていますが、本来は「存在」浮キ言葉なのだそうです。「今」を生きることは非常に大切であり、それしかないのだが、 …

色とりどりの世界で生きる

この世界は色とりどりの世界。般若心境の有名な一節に「色即是空 空即是色(色とはすなわち空であり、空とはすなわち色である)」という言葉がありますが、これをシャーマニズムの視点からとらえると、始まりの瞬間 …

ビジョンを現実化させる春分

冬至は「神々の門」「魂のゲート」で、夏至は「先祖の門」「体のゲート」。冬至から私たちの魂のビジョンが拡大し、夏至から私たちの体のビジョンが拡大しやすくなります。太陽の影響を受ける私たちの全体的なバイオ …

no image
光と影

この地球のシステムは光と影で構成されています。光が大きくなれば、影も必ず大きくなります。結局は、光=影という図式が成り立つことになるように感じます。メリットがあれば必ずデメリットも存在するし、正しいと …