ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

自分のパワーをどのように使うか

   

pops

私たち一人ひとりはユニークな力・パワーを持っています。誰もがパワフルな存在であり、ユニークな存在です。そして、自由にそのパワーを活用することができます。

 

しかし、私たちの体のパターンや生きていく術として身に着けているのが、外側に自分の正しさを証明する術です。これが、自分のパワーを自らを傷つけるために使ってしまう罠です。「私は正しいのだろうか・・・何か間違っていないか・・・」というような「恐れ」の想いから、自分の力を外側への証明に使ってしまう。結果的に、自分自身のパワーで、自分を傷付けたり、罰を与えたりしてしまう自虐的な使い方になるということですね。また、「どうして私のことを分かってくれないんだ」というような想いから他者をコントロールするために力を使ってしまうとうこともよくあります。

 

僕の体験でもそうです。以前勤めていた会社にいたとき、自分の仕事の力を上司や社長に認めてもらいたいがために、自分の行った業務や考えたアイデアを様々な形で見せる訳です。しかし、全てを認めてもらえることもなく、逆に自分のアイデアを取られてしまったり、提案しても全て否定されたり。結構なストレスを味わいました。そして、そのストレスが食に行ってしまったり、極度な眼精疲労や肩凝りなどに行き、自分の「認めてもらいたい」「認めてもらえないことは怖いことだ」という想いがあったために、自らを傷付けていたこともありました。

 

アカシックレコードリーディングで読むと、他のタイムラインでもこのパワーの問題で苦労をしている方が結構います。神秘的な力を自己顕示欲で使ったがために、いわゆる魔女狩りにあってしまったり、迫害を受けてしまったり等するケースですね。文化的にも人口が増えてきたり、様々な概念や社会システムが高度になってくると、自分のパワーをしっかりと所持することが難しくなってきているように感じます。

 

結局、どんな時でも自分のパワーを「恐れ」を原動力として使うと簡単に傷付くということです。その逆で、「ワクワク」とした気持ちで使うことができれば、自分のビジョンは輝き、様々なインスピレーションも得ることになります。自分のパワーを恐れで使うのか、見返りを求めず純粋なワクワクとした気持ちで使うのか、ここがポイントです。

 

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き , ,

  関連記事

怒ったっていい。怒りのエネルギーの処方箋

理不尽なことや納得がいかないことがある時、私たちは怒りという質を持つ感情やエネルギーを味わいます。人間であれば、怒りを味わうことは当然のことであり、それはこの世界を生きている証とも言えます。だから、怒 …

様々な罠の先にあるもの

この世界は他者と時空を共有している世界で、様々な概念でできています。概念を超えたところには、森羅万象の始まりの瞬間とも言える創造の源があります。もちろん、創造の源はどこかにある訳ではなくて、私たちの一 …

オリジナリティを輝かせるシンプルな方法

日々、情報が拡大している 様々な情報や概念が拡大している時代ですね。日々、インターネットやテレビ等のメディアの情報も拡大しており、欲しい情報をいつでも手に入れることが容易になってきています。その反面、 …

no image
全ては心の投影

ちょいと久しぶりの日記になってしまいました。皆さんお元気ですか? 弊社には12月から妹の旦那の「もんちゃん」が来ました。イベントや週に少し手伝ってもらっておりましたが、正式にスピストに来ました。内部ス …

忍耐は辛いものではない!忍耐は遊ぶこと♪

忍耐と聞くと、ほしいものをガマンしたり、一生懸命に努力を重ねていくようなことをイメージする方が多いかもしれません。しかし、結論から言うと、忍耐とはそういうことじゃないんですね。   忍耐とは …

no image
今を感じる

一瞬裏切られるような行為は新しい扉へのドアなのかもしれません。全ての縁はまさに円、つまり丸で繋がっているんですね。人と人との縁はどのように展開していくのか本当に分からないのだけれど、必ず自分の意識の成 …

言い訳できる辞める理由で人生の道を歪ませないためにできること

あと少しで欲しいものが手に入ったり、なりたい自分になれたり等のビジョン・意図が結果として現れるという時に、言い訳できる辞める理由がやってくることがあります。それは、まさに体の抵抗でもあり、何度も繰り返 …

no image
You do know what you do not know.

You do know what you do not know. 知らないということをあなたは知っている。 結局、この世はシンプルなゲームのようなもの。シンプルすぎるので、多くの人が複雑に物事を捉え …

時間旅行

私たちは時間を使って日常を生活しています。誰かと会うために、仕事を成し遂げるために、どこかに行くために、映画や音楽を楽しむために・・・私たちは時間を活用しています。寝ている時以外は、私たちは時間と常に …

AOL(Analytic Overlay:分析的オーバーレイ)

AOL(Analytic Overlay)とは、サイキック的な能力を活用する際に出てくる専門用語です。分析的オーバーレイと訳していますが、様々なサイキック能力(リモートビューイング、アカシックレコード …