ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

自分のパワーをどのように使うか

   

pops

私たち一人ひとりはユニークな力・パワーを持っています。誰もがパワフルな存在であり、ユニークな存在です。そして、自由にそのパワーを活用することができます。

 

しかし、私たちの体のパターンや生きていく術として身に着けているのが、外側に自分の正しさを証明する術です。これが、自分のパワーを自らを傷つけるために使ってしまう罠です。「私は正しいのだろうか・・・何か間違っていないか・・・」というような「恐れ」の想いから、自分の力を外側への証明に使ってしまう。結果的に、自分自身のパワーで、自分を傷付けたり、罰を与えたりしてしまう自虐的な使い方になるということですね。また、「どうして私のことを分かってくれないんだ」というような想いから他者をコントロールするために力を使ってしまうとうこともよくあります。

 

僕の体験でもそうです。以前勤めていた会社にいたとき、自分の仕事の力を上司や社長に認めてもらいたいがために、自分の行った業務や考えたアイデアを様々な形で見せる訳です。しかし、全てを認めてもらえることもなく、逆に自分のアイデアを取られてしまったり、提案しても全て否定されたり。結構なストレスを味わいました。そして、そのストレスが食に行ってしまったり、極度な眼精疲労や肩凝りなどに行き、自分の「認めてもらいたい」「認めてもらえないことは怖いことだ」という想いがあったために、自らを傷付けていたこともありました。

 

アカシックレコードリーディングで読むと、他のタイムラインでもこのパワーの問題で苦労をしている方が結構います。神秘的な力を自己顕示欲で使ったがために、いわゆる魔女狩りにあってしまったり、迫害を受けてしまったり等するケースですね。文化的にも人口が増えてきたり、様々な概念や社会システムが高度になってくると、自分のパワーをしっかりと所持することが難しくなってきているように感じます。

 

結局、どんな時でも自分のパワーを「恐れ」を原動力として使うと簡単に傷付くということです。その逆で、「ワクワク」とした気持ちで使うことができれば、自分のビジョンは輝き、様々なインスピレーションも得ることになります。自分のパワーを恐れで使うのか、見返りを求めず純粋なワクワクとした気持ちで使うのか、ここがポイントです。

 

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き , ,

  関連記事

神秘的な黄金率で創られているシステム

自然界から発見されたマジカル比率。それが黄金率(Golden Ratio:Phi Ratio)と呼ばれる比率です。この比率は、1.6180339・・となる数値で表すことができます。四捨五入をして1.6 …

無駄な嫉妬や比較する時間を止めるマジック

今回のブログのテーマは嫉妬や比較という人生の中でも無駄な時間をストップし、自分の価値を自分で認めるコツについてです。 もちろん、他者を参考にしたり、自分を高めるために他者を人生の刺激にしたり尊重をする …

朝起きた時に疲れないためのたった一つの方法

朝起きるといつも疲れている。そして、一日中眠くて疲れ気味。夜は夢も見ずにバタンキューで、気付くと朝。そしてまた体が疲れている。。。 そんな状態にはなっていませんか?   もしこの状態であると …

no image
既に存在している

例えば、目の前に一枚の白い紙があるとします。これから、その紙に絵を描こうとしているところをイメージしてみてください。 頭の中では、何を描こうかと考えたり、構図を考えたり、「あの時、こうしたから今日はこ …

no image
新しいことを新しいかたちで

大きなエネルギーがあるポイントに向かって密度が濃くなってきているようです。今年は様々な情報によると、創造性が高まり、今まで眠っていたワクワクとした気持ちや意図がより明確になってくるタイミングです。 人 …

音の世界

この世界は全て音で出来ています。別の言葉に代えれば「色」「形」「エネルギー」「周波数」等・・・というように認識することもできます。 全てが音で出来ているとするならば、私達が発している言葉にも音や色があ …

奇跡であって奇跡じゃない

奇跡、この言葉は予想を超えて起こった素晴らしい出来事、神様が起こした超自然な出来事、あり得ないことが起こった時などに使われますよね。「これは奇跡的なことだ」というように。科学や一般常識では考えられない …

no image
みーんなユニークな存在♪

ちょっと矛盾があるようであり、またおかしな表現に聞こえるかもしれませんが、この世の人は皆自分でありつつ、それぞれ独立している宇宙です。 何らかの共鳴があって、人間関係を構築し共鳴した瞬間、 それぞれの …

AOL(Analytic Overlay:分析的オーバーレイ)

AOL(Analytic Overlay)とは、サイキック的な能力を活用する際に出てくる専門用語です。分析的オーバーレイと訳していますが、様々なサイキック能力(リモートビューイング、アカシックレコード …

輝きを知る場所

輝き。この言葉を聞くと、様々な想いが浮かんだり、喜びに満ちた体験を思い出したり、自分の能力をフルに発揮したこと等を思い出したりするのではないでしょうか。もしスポーツをやられている方なら、試合で勝って優 …