ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

土地のエネルギー

   

福島~仙台の旅から戻ってきました。やはり昔の想いというのは残っているもので、実際に思い出のある場所にいくと当時の思い出が鮮明に蘇ってきます。特に、ゆっくりではなくて突然その土地から去ることによって、エゴや葛藤なんかを置いてきてしまうこともあるんです。これは今世だけではなくて、過去世や来世からの影響というのもあるんです。で、デジャブと呼ばれる現象が起こったり、初めて来た場所なのに懐かしい感じもしたり。ただ、それもある意味自分自身で設定しているプログラミングのようなもので、結局その土地に足を運ぶように仕組んだことなんです。

特に福島に行った時に気付いたのが「香」です。明らかに福島の香というのがあり、その香を感じた瞬間に様々な思い出が蘇ってきたんです。香もエネルギーであるとすれば、土地のエネルギーによって香の質が異なります。量子物理学の研究では、香は形によって決まると言われているようです。エネルギーも形を持っているので納得という感じ。香を嗅ぐ嗅覚は人間の一番古い感覚機能と言われていますが、チャクラという人間にあるエネルギーセンターでは第1チャクラという生存に関わる場所と対応しています。香は生きるためには欠かせない大切な感覚だと改めて感じました。

福島では懐かしい大学や一番初めに独り暮らしを始めたマンション、そして福島市内を短時間で歩きまくり、その土地の想いを浄化してきました。浄化と言っても、ただ思い出を思い返して、「あ~、こういうこともあったんだなぁ」って感じてきただけです。これで十分浄化になっちゃいます。また、福島在住の友人ともいろんな思い出話ができて、とても楽しかったです。

仙台も相変わらず洗練されたお洒落な街でした。仙台では様々な人と出会うことができ、今後の繋がりを深く感じました。

しかし、浄化が終わったのか、仙台から東京に戻ってくる時に、喉が突然いたくなり、本当に久々に風邪を引いてしまい、今日一日寝てました。風邪は免疫機能を高めるために必要な体の反応なので、今回の旅で恐らく肉体意識に何らかの作用があったんじゃないかって思います。

また東北の旅に行きたいなって思います。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 健康・ヒーリング, 意識・心・気付き

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
概念が作る世界

私たちが過ごしている日常。この世界、この日常には、たくさんの概念が存在しています。それは、家族、学校や会社、社会、地域、国という、大小に関わらずどんなコミュニティにおいて、他者とのコミュニケーションを …

no image
挨拶から始まるストーリー

挨拶はパワフルな言葉のコミュニケーション。朝にコンビニの店員さんに「おはようございます」と挨拶するだけで、その影響が20000人にも及ぶという話があります。忙しい朝の清々しい挨拶で店員さんは元気付けら …

no image
風邪は好転反応

久しぶりに風邪をひいてしまいました。昨日の夜まではなんてこと無かったのに、朝起きたら喉が痛いし、体がだるい。本当に久しぶりの風邪です。でも、風邪は体の免疫がしっかり動いている好転反応なんですよね。これ …

no image
受け取ることの大切さ

スピリチュアルなアイデアとして「与えること」はとても大切であるとよく言われています。それは宇宙の法則で「与えたものは全て自分に返ってくる」という法則があるためです。 確かにこれは一理あります。この現実 …

悲しみや怒りの情報とつながらない生き方とは?

この世界は人と人とのつながり、コミュニケーションで創造されている世界とも言えます。日々、私たちは様々な人との交流から、新しいことに気付いたり、インスピレーションを得たり、本来の自分の姿を他者を通して見 …

no image
習慣から離れるコツ

人間には習慣というものがあって、例えば、ある原因があり体が緊張してしまう環境に長い間いるとします。そして、あるタイミングでその環境がガラリと変わって、緊張の原因となることが消えた状態になっても、習慣で …

no image
一歩を踏み出す

何か新しいことや、今まで体験していないことを行なう時、ためらいがあります。もしかしたら人を傷つけてしまうんじゃないかとか、どうせ自分には無理だとか思い込んでしまって。様々な情報や他の人の経験を自分のも …

no image
ONE

リチャードバック著の「ONE(ワン)」は、まさにパラレルワールド(平行次元)、そしてオーバーソウルについてうまく表現している作品です。 ストーリーとして描き、分かりやすく多次元的な「私」について説明し …

no image
This is Life

私たちはこの世界に生きるために存在していると言っても過言ではありません。 どんな状況であっても、問題を抱えていようと、自分を知りたくても、どんなビジョンを持っていようと、ここで生きるからこそ「何か」の …

Shantih Shantih Shantih

3.11。あれから3年経ちます。多くの他界された人々、愛する方を失われた人々、未だ困難な日々を過ごしていられる方々へ健やかな祈りを捧げたいと想います。   祈りとは、バランスのエネルギーです …