ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

現実化を妨げる執着

   

執着。これが様々な出来事の現実化を妨げている一つの要素です。
執着とは、ある物事に縛られて、そこから逃げられないことを言いますが、
これが「~しなければならない」という義務感~圧迫感に繋がります。

執着があると、思考が様々なリハーサルをし始めます。
思考の傾向は、物事をどんどんとネガティブな方向に考えがちです。
ちなみに、ネガティブ・ポジティブは考え方の一つであり、主観的なものなので個人的な判断になります。ネガティブな思考は実際の方向とは逆に進ませようとする思考です。つまり、思考がどんどんと本来の姿から遠ざけるように
劇のリハーサルのように様々な状況や環境を描きます。
そのため、一向に先に進まないような状況が現実化してしまうんですね。
大抵の場合、頭で執着していろいろ考えていることは、その通りには現実化しないものです。

義務感や圧迫感は大きなストレスを引き起こします。
この宇宙のシステムは私たちの心を投影した世界です。
本当になりたい自分は、自然にしていれば見えてくるものです。
執着を引き起こす思考はウソであると言っても過言ではないと感じています。
心から楽しいことをドンドンと実践するしかないです。
心をオープンにして、リラックスすることが現実化を加速的に速くします。

例えば、自分の生活を見て、執着心が創ったルール等ありませんか?
それを止めて見るのも新しい意識のゲートを開くヒントかもしれません。

最近スタッフと話しているのは小さい頃の思い出話です。
実は、過去への執着が今に影響を及ぼしていることが多いものです。
特に親や学校の影響は大きいものです。自分と対話をして、過去の体験を
振り返ってみるのも必要だと感じます。
ただし、気を付けなければならないことは、その体験を単に観察し
再体験しないことです。再体験する必要はありません。
単なる記憶のデータとして観察し、「あぁ、こんなことあったなぁ」
ぐらいで十分です。実際、その思い出は「今」には存在していませんから。
過去の気になる思い出を観察できれば、執着が消えて、そのことが引き金に
なっていた葛藤やエゴの解放が始まり、本当に面白いことが始まります。

杉山清貴さんのMomentという曲の歌詞に
「焦らず振り返ってみる時間も無駄じゃないさ」
「焦らず君のペースを掴もう 全て君のためさ」
というのがありますが、これが執着を解放させるコツだと感じます。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 現実化・シンクロ(共時性)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Balancing

母なる地球と父なる宇宙。女性性と男性性。マイナスとプラス。ネガティブとポジティブ。陰と陽。善と悪。 様々な2極の概念がありますが、その片側には答えはありません。例えば、世の中はポジティブが善で、ネガテ …

ハーベスト

この世界では時間があります。そのため、大なり小なり何かを現実化させるためには、「時間」が掛かります。 それを例えると野菜や果物。ただ種を巻いただけでは種や苗が育たず、実を得る事ができません。望んだ実を …

no image
現実化と内側を見る事

※最近ブログをお読みいただいた方から文章がドライだし、分かり難いとのご指摘がありました。もちろん僕が書く文章の癖というか質ではありますが、自分の話す際のキャラと異なる面もあるので、これからは「新しい事 …

マグネティックフィールド

私たちの内側&外側は磁場(マグネティックフィールド)が存在しています。 このマグネティックフィールドはエンライトメントへのヒントであり、大地から通したマグネティックエネルギーを頭上へ、つまり第7チャク …

no image
オリジナルの想い

ここの世界は時間や物質があります。その結果として、何かが現実のモノや出来事として目の前に現れる(現実化)には時間が掛かります。多少時間が掛かかりますが、現実化までに掛かる時間は意図によります。早く現実 …

一粒の水滴もたくさん集まると岩を砕く力に

たった一粒の水滴も、たくさん集まれば岩をも砕く程のパワーを持ちます。   これは、どんな事でも少しづつの力がいつの間にか大きなものになることの例えですね。塵も積もれば山となる。ということでも …

no image
世界の見方

私たちは私たちが「そうでありたい」「そうであろう」という世界を日々、今こうしている時も見ています。 「こういう状況になったら、必ずこうなる」「こうなったら、絶対に無理だ」というような想いが、まさにその …

no image
先入観から始まるストーリー

地球は丸い。これは今の時代は当然の常識となっています。 しかし、むかーしは地球は平らであるというのが常識でした。 その時代に地球は丸いなんて言ったら、おかしな人と思われてしまいます。 しかし、本当に地 …

no image
スカスカの世界と意識の力

私たちの生活の中には目に見えていないけど、その存在を認めているものがたくさんあります。その中でも分かりやすいのが電気の存在です。コンセントに電源を繋いで機械が動き出せば電気があるということが分かります …

ジャッジメント

例えば、次のようなモノがあるとします。ピンクの部分が新品同様で花のような香りがすると思ってください。そして、茶色い部分は古くてなんか臭い香りがするとしましょう。 もしこれを裁く(ジャッジする)見方で言 …