フォーカスポイント

illusion

五感と感情(ビジョン)、そして五感を超えたところにある感性を使って日々私達は生活をしています。どんな状況であっても、そこには五感・感情がありますし、意識をすれば五感以上の感覚も使えるものです。

どこにフォーカスを置くかで体感が変わります。つまり、視覚に頼れば視野が優位に働くし、嗅覚を意識すれば臭いが敏感になります。みんな個性や生き方が違うので、どこが優位になるかは人それぞれですね。

しかし、一部の感覚器官のみを優位にしておくことは、他の感覚器官を活用しないことにもなり得ます。つまり、日々の日常の見方が部分的になるということになります。私達の体は癖を持っていて、幼少期からの体験・体感によって、感覚の使い方にも差があるものです。その感覚の癖が世界を見せています。

昨日書いた言葉の使い方もそうですが、感覚の使い方によって、今まで見えなかったモノが見え始めたり、自分の人生が展開していくことにも繋がります。五感・感情など感覚を幅広く使う事は、豊かな人間体験をする一つのポイントだと感じています。当たり前のように過ごしていた時空をいつもとは違う感覚で味わってみると面白い展開に繋がるかもしれませんね。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください