写経とリモートビューイング

1454685_10201695475621382_1191459529_n

先日福岡に行った際に日本発の禅寺である聖福寺で写経をしてきました。写経は精神修行の一つの形式で、般若心経を一文字一文字ゆっくりと丁寧に書いていくことで、心がすっきりと晴れやかになったり、平穏になったりと私たちの精神に影響を及ぼすような実践なんです。この時の写経の意図は「父になる自覚」としました。写経は「願文」、つまりは意図を「為」や「右為」というように記載をして祈りを込めて書く、一種の儀式的な要素もあります。

写経を行って気付くことは、リモートビューイングと同じ状態になるということです。リモートビューイングも写経と同じように、文字を書いていきます。写経は決められたお経を書きますが、リモートビューイングは意識が旅をしている時空の五感と感情などを特殊なフォーマットに従って書いていきます。なので、写経の応用的な方法が、リモートビューイングということになるように感じます。自分に正直に今の五感と感情をただ書きます。すると、写経と同じように心がすっきりとしたり、爽快感を味わえるんですね。脳波で言うとベータ波からシータ波へと移っていきます。

ただ、リモートビューイングの場合、自分自身と正直に向き合う程度が強いので、自分自身の中にあるブロックや抵抗が強烈に表れます。ここが、リモートビューイングと写経の違いですね。写経は穏やかにブロックがリリースされたりする反面、リモートビューイングは激しく表れます。

以前、密教の僧侶の方々がリモートビューイングを受講したのをサポートしたことがありますが、写経を行って、なるほどと思いました。写経的な修行とリモートビューイングは似ていますね。

リモートビューイングワークショップ in 東京

イルカのように明晰に、そしてクリアーに生きるためのワーク。思い込みや先入観を捨てて、別の時空を体感します。ゲリーボーネル氏との共同開発プログラム。

シャーマニズム、本当の自分に目覚め、「別のバージョンの自分」を今この瞬間に統合させるためにリモートビューイングを活用する!

料金: 一般:50,000円 AWAKENINGS会員:25,000円
詳細とお申し込み: http://www.w-blue.com/workshop/remote_viewing.php

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください