音からの転生の記憶

友人がFacebookでシェアしていた動画ですが、とても感慨深い動画でした。こちらでもご紹介させていただきます。

httpv://www.youtube.com/watch?v=nIsCs9_-LP8
10ヶ月の女の子の赤ちゃんが、母親の歌声で感動的に涙を流している動画です。

 

感動的な動画ですが、ユニークとも言うべきなのが、赤ちゃんの泣き方が一般的な赤ちゃんのような鳴き方ではなく、大人な泣き方なんですよね。

 

歌声・音のエネルギーによって、きっと他のタイムライン(過去世や来世等)の何かの記憶等が彷彿されているのではないかと感じます。幼児は多次元的な視点を持っていると言われています。子供の頃に聞いた事が無い歌を完璧に歌い始めた子供がいるという話もあります。

 

音、音楽は、私たちの意識に大きな影響を及ぼします。子供だけではなく、大人でも意識的に音を活用することで様々な可能性が開くように感じています。

 

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。