2014年の新春ワーク 2014年のキーポイント

Zemanta Related Posts Thumbnail

本日は2014年度の新春ワーク-ビギニング2014-を開催しました。毎年恒例になっている年初めのイベントです。ワールドブルーのワークショップ始めでもあります。

 

今年の流れをお話させていただき、スムーズにビジョンを現実化させていくキーポイントをお伝えさせていただきました。2014年のキーポイントは個性・ユニークさだと感じています。もちろん、時代がどうであれ、個性やユニークさ、オリジナリティを体験することが大きな私たちが意図していることですが、社会的・集合的には情報の多様化や複雑化もあり、個性が発揮できず、最近はユニークさではなく、一列に同じ方向を見ている流れが強くなってきているように感じます。

 

また、様々なアイデアやインスピレーションが来ていても、それを実行せずに後回しにしたり、昔の状態へと回帰していくような状況にもなりがちです。様々な概念や枠組みに縛られるのではなく、自由に枠組みから出て行く勇気、オリジナルな生き方を意図することが特に大切です。また、憶測で決めつけず、そして他者をコントロールすることがない、直接的なコミュニケーションも大切ですね。

 

本日の新春ワークでは、そのような事をキーに、現実化のワークやオリジナリティのゲートでもあるクリエイティビティを活性化するための立体曼荼羅作り等を行いました。

 

新春ワークの後は、ピッツェリアオカにて新年会。とても楽しいひと時でしたね。

1604692_10202201244905298_142198588_n

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。