ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

立て続けの出来事

   

立て続けに何かが続いた時。

例えば、立て続けに・・・
・落し物をしてしまったり、
・モノが壊れてしまったり、
・カラスが暴れているのを見たり、
・数字のぞろ目222を見たり、
・妊婦さんと出会ったり・・・等

こんな体験って誰しもがした事があるかと思います。

そんな時、よく「これはきっと何かのサインだ」「これはきっと不吉な予感だ」「きっと地震が起こるに違いない」・・・等、その出来事に対しての意味や期待をする事があると思います。

しかし、その期待や意味によって、私達は簡単に傷付くことができます。その期待や意味の多くは、生きてきた経験や価値観からの視点で、その中に抑圧しているものがあるとすれば、
その抑圧という制限された視点の中にある期待です。結局は、期待することで自分の中にある抑圧や葛藤にパワーを与えて行くことに繋がっていきます。
確かにポジティブな捉え方であれば、いいんじゃないかと思えるかもしれませんが、それでもその期待には制限があります。ポジティブ・ネガティブの概念すら自分自身の枠組みの中にある概念です。
この相反する力の中にいれば、簡単に葛藤することができ、傷付くことができます。

大きな視点で見れば、立て続けに何かが起こったとしても起こらなかったとしても、今この瞬間に自分自身が存在していることが全てです。
立て続けに出来事が起こらなくても、今パソコンを見ている出来事、例え一度きりでも誰かと出会って話をした出来事、会社から帰る出来事、夜寝て朝起きる出来事、どんな些細な出来事にも私達の本質のエッセンスが入っているものです。どんな意味があるか、どんなことが起こるかという期待をしてもしなくても、ちゃんと私達は自分の道を進みます。

期待や意味付けをすると、「私」としての全体の体験ではなく、部分的な体験(不安や葛藤がある体験)になります。そして、完全に体験を完了するまで何度も同じような体験を繰り返していく傾向があります。
もし葛藤や不安が無くなれば、出来事の真の意味が「知っている」という体験になってきて、もはや探したり意味付けたりする必要が無くなってきますし、欲しかったモノや状況が簡単に手に入ってきます。
期待は欲しいモノや状況を遠ざけてしまいます。

いろんな体験に意味を付けたり期待することは楽しいですが、ほどほどにして、自分の気持ちに正直に心からワクワクしたり楽しいと感じられる事、ビジョンを生きていくことが大切だなぁと感じています。

▼アカシックレコードワークショップのお知らせ
3月に仙台と東京でのアカシックレコードワークショップが決定しましたのでお知らせさせていただきます。宇宙の図書館・ハードディクと呼ばれるアカシックレコードに意識的にアクセスし、イルカのように日常をエンジョイするためのワークショップです。アカシックレコードの概要からアクセス方法、実際のセッションを行う体感型ワークショップ。ゲリーボーネルジャパン公認プログラム。仙台では参加費無料のワーク「祈りのワーク」も予定しております。

2Daysワークショップ「はじめてのアカシックレコード~イルカのようにチャンネルを開く」 in 仙台

日程:3月17日(土)18日(日)の2日間
時間:両日とも10時~17時
料金:48,000円(税込)
会場:仙台市内のセミナールーム
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/akashic1203.php

2Daysワークショップ「はじめてのアカシックレコード~イルカのようにチャンネルを開く」 in 東京

日程:3月31日(土)4月1日(日)の2日間
時間:両日とも11時~18時
料金:48,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/akashic1204.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き, 現実化・シンクロ(共時性) ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

コミュニケーションを通して自分を知る

私たちは日々他者との交流の中で生きています。他者との交流の中で、自分自身を知る旅をしているんですね。自分自身を知るためには、他者とのコミュニケーションが不可欠です。あの金八先生が言っているように「人間 …

no image
必ず現れる

数年前から続いている現象ですが、弊社と取引のある会社の担当者Kさんがいます。Kさんが会社に遊びに来る、もしくは連絡がある時はすぐに分かります。 そのタイミングは、 ・Kさんの商品の問い合わせがある時 …

アカシック情報のズレ

アカシックレコードはユーザーフレンドリーで、それはインターネットの検索エンジンのように知りたい情報を検索すれば、情報が示されます。 アカシックレコードを読むのは興味があれば誰もができますが、ただ、ポイ …

no image
ワールドブルーチャンネルVol.6「2011年の予感+お葉書コーナー」

2011年初のワールドブルーチャンネル。今回で第6回目になります。今回は2011年の私たちの意識に関わるアカシックレコードからの情報と、恒例になっていて何気なく好評を頂いています「おはがきコーナー」を …

大きなビジョンで in 2013

新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。これをもって年賀状の代わりとさせていただきます(^_^) 2013年になりましたね。2012年の冬至を過ぎて、いよいよユニティへの時代 …

no image
意図=結果

意図が私達の現実を作っています。何か起こった時、それはあるタイミングで意図した結果です。つまりは、「意図=結果」ですね。 意図とは、自分の意識の方向性や覚悟していること、現実にしたいという決意。 誰し …

no image
見返りを求めると・・・

私達が傷付くための一つの理由は「見返りを求める」ということがあります。他の言葉で言えば「期待」ですよね。多くの人が抱えている問題としては、職場や家庭など人間関係がありますよね。大抵のケースで「期待のズ …

3年B組金八先生シリーズ5

最近ふと気になり昔録画しておいた3年B組金八先生のシリーズ5を観ました。毎回金八先生は教育問題や社会問題を大きく取り上げていますが、第5シリーズは主に家庭についての問題も取り上げています。引きこもりの …

no image
冬至に向けて

12月21日の冬至が近づいています。冬至は一つのサイクルの終わりで、また新しいサイクルが始まる象徴的な日です。 多くの人が一つのサイクルが終わり新しいステージへと入っていくように感じます。そのプロセス …

no image
みーんなユニークな存在♪

ちょっと矛盾があるようであり、またおかしな表現に聞こえるかもしれませんが、この世の人は皆自分でありつつ、それぞれ独立している宇宙です。 何らかの共鳴があって、人間関係を構築し共鳴した瞬間、 それぞれの …