ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

いつも在る

   

この地上に溢れている全てのモノに何一つ無駄なモノは無く、いつでも必要なタイミングで私たちの存在を見せてくれています。

もし目の前に美しい花があるとするならば、その「美しさ」は私たちの存在を象徴しています。

もし目の前に「不快」と感じるものがあれば、それも私たちの存在を象徴していると言えます。

それがどんなモノであれ、それは私という存在が体感したり認識したいという衝動の元にあるものです。

どんな感想を持ったり、批判したり、絶賛したり、不安に思ったりしても、それを見せているエッセンスは私という存在の中に始まりの瞬間から終わりの瞬間までいつも「ある」モノです。

日々の生活の中でそのエッセンスに触れることで、私たちの記憶喪失は終わりを迎え、本来の姿が正体を現していく。

どんな状況であったとしても、そのエッセンスを感じることができれば、その状況そのものが完了していきます。

 

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Comment

  1. kuchama より:

    東京からの帰り道「素晴らしい夕日」に出会いました。
    これも私の一部ですね。うふふ・・・

    • とみ より:

      > Kuchama
      その通りですね。全ての中に自分がいるし、自分の中にも全てがありますね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

現実は永遠のパズルの1ピース

昨夜は友人とヨーロッパ企画の演劇「出てこようとしているトロンプルイユ」という作品を観てきました。パリを舞台にしたトロンプルイユ(いわゆるだまし絵)をテーマにした作品でしたが、その内容はまさにシャーマニ …

振り子の中心点

何事も意識的・意図的にすることが、フルに自分を発揮するポイントです。意識的になってくると、努力や一生懸命さというものから離れて、夢中・集中する状態で「楽」になってくるものです。 この状態は、「誰かから …

ハートのバランス

リアリティとスピリチュアリティを繋ぐ橋となるポイントがハート。ハートが満たされていないと、リアリティばかりに捉われたり、逆にスピリチュアリティばかりに捉われたりし、結果的にアンバランスさや不満、傷付き …

no image
夢で情報を取るポイント

夢を通して私たちは様々な情報を受信することが可能です。毎日見る夢を正夢として活用することが可能です。しかし、夢はシンボリック。象徴的なので、ストーリーそのままでは無く、夢で出てきた情報をいかに活用する …

ユーモアと笑い

ユーモアは私たちの本質のエッセンスが輝きを増す原動力のようなものです。ユーモアな場面を目撃したり、話を聴いたりして、思わず笑いがこみ上げてくる感覚。この感覚になるまさに瞬間、私たちの意識は拡大し、時間 …

地球人からユニティへ

ドバイ&アブダビの旅では、1週間程の滞在の中で様々な国の人との交流がありました。こんなに短期間にいろんな国の人と交流があったのは初めての体験でした。 参考まで聞いた範囲ですが、どんな国の人々との交流が …

no image
今この瞬間の反応へ

私たち、もっと言えば、この社会のシステムの一部は「過去」で出来ています。例えば、目の前にあるディスプレイや使っているパソコン。これは、過去に「パソコンだ」とか「ディスプレイだ」というように誰かやメディ …

言い訳できる辞める理由で人生の道を歪ませないためにできること

あと少しで欲しいものが手に入ったり、なりたい自分になれたり等のビジョン・意図が結果として現れるという時に、言い訳できる辞める理由がやってくることがあります。それは、まさに体の抵抗でもあり、何度も繰り返 …

アトランティスジャーニーでアトランティスとつながる

バハマのビミニ島へ以前行きました。そこでビミニロードというアトランティス時代に活用されていた道を海の底で見ました。これは眠れる預言者と呼ばれアカシックレコードを活用していたエドガーケイシーの予言により …

no image
コネクション

人と人との繋がり、もっと言えば魂と魂の繋がりはこの世界では切ることができません。極端な話、1人で山に篭ったとしても無理です。どんな環境にいても、私たちは意識的にも無意識的にも他の人々と繋がっているもの …

PREV
NEXT
ダンス