いつも在る

この地上に溢れている全てのモノに何一つ無駄なモノは無く、いつでも必要なタイミングで私たちの存在を見せてくれています。

もし目の前に美しい花があるとするならば、その「美しさ」は私たちの存在を象徴しています。

もし目の前に「不快」と感じるものがあれば、それも私たちの存在を象徴していると言えます。

それがどんなモノであれ、それは私という存在が体感したり認識したいという衝動の元にあるものです。

どんな感想を持ったり、批判したり、絶賛したり、不安に思ったりしても、それを見せているエッセンスは私という存在の中に始まりの瞬間から終わりの瞬間までいつも「ある」モノです。

日々の生活の中でそのエッセンスに触れることで、私たちの記憶喪失は終わりを迎え、本来の姿が正体を現していく。

どんな状況であったとしても、そのエッセンスを感じることができれば、その状況そのものが完了していきます。

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

いつも在る” に対して1件のコメントがあります。

  1. kuchama より:

    東京からの帰り道「素晴らしい夕日」に出会いました。
    これも私の一部ですね。うふふ・・・

    1. とみ より:

      > Kuchama
      その通りですね。全ての中に自分がいるし、自分の中にも全てがありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください