コミュニケーションから創造される世界

words

この世界は言葉で創られている、という言葉がありますが、まさにこの世界は日々のコミュニケーションから創造されているとも言えます。

 

言葉で演じるシナリオの世界

この世界は他者との関係性を通して自分の本質に気付いていく劇場。劇には様々な登場人物が現れ、ドラマが展開していきます。他者との対話から、新しいアイデアが生まれたり、自分自身の中にあるものに気付いたり、一時的に傷付いたとしても、結果的には「こういう事だったのか!」というオチのような閃きがあり、自分の本質のドラマが展開していきます。

 

不要な人間関係から離れる勇気

大きな視点で捉えればどんな関係性であれ、一切の無駄はありません。ただ、強いて無駄というか不要な関係性があるとすれば、それは駆け引きやコントロールや要求に基づく関係性。これは時間の無駄でもあるし、本質の道から離れていき停滞しちゃいます。この場合、真のコミュニケーションができていない証とも言えます。相手との合意が無い状態。もしこのような関係性の中にいる必要性がなければ、勇気を持って離れることが、真の自分の道へのルートにつながっているかもしれません。
自分を認め、他者を包み込むコミュニケーションができると、目の前にいるのは紛れも無い「あなた」になります。それがシナリオの源の証。

 

体外離脱ベーターセッションワークショップ来月いよいよ開催

 12/13(土)2/8(日)+ベーターセッション 「 体外離脱ベーターセッションワークショップ 」
シンプルな8ステップと特殊なサウンドを用いたベーターセッションを用いて意識的な体外離脱を行うためのスペシャルワークショップ。

日時:12/13(土)2/8(日)+ベーターセッション 11時~18時
料金:72,000 円(税込)
会場:五反田JMAスペース+五反田ベータールーム
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/obe.php

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。