ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

多次元的な遊び場を作るために

   

pops

今、体験している私たちの世界は、一部分な体験で、言わば体という意識と一緒に体験をしている世界で、どんな行動をするにも体が必要になります。もちろん、私たちの本質的な意識が体験を望んで体験している体験です。

 

本質的な意識はいつでも拡大をしていて、この体がある世界以外の領域の全てを今この瞬間でも体験をしている訳ですが、この世界は体の意識が体験のベースになっているので、体の意識に縛られている時は、他の領域は意識されていません。この世界で求めている体験に満足してくると、他の領域をよりスムーズに体験することができるようになってきます。

 

私たちの本質的な意識が拡大をし始めると、まず抵抗してくるのが体です。完全に体にブロックが無ければ、スムーズに様々な領域を体験することができるものですが、体のブロックがあると、抵抗が生まれます。それは、川の流れをせき止めている大きな石の周りにゴミが溜まったり、流れが停滞したり、石に強く水がぶつかるように。例えば、夢、幽体離脱や体外離脱、死の体験など、様々な体験の際に、体の抵抗があると、体験は体の意識よりに展開します。

 

例えば、夢は様々な本質的な意識の体験の記憶ですが、体にブロックがあると、現実的な時間軸の中で知性が理解できる形で摩り替わるため歪んだ記憶になりますし、死の体験の際では、人生に後悔や屈辱、「ああしたらどうなったかな」という強い想いがあると、この肉体から離れていく際に、もうその事しか考えられないようなグルグルと同じ事のループが始まります。体外離脱や幽体離脱でも、まずは体の抵抗があり、耳鳴りが強くなったり、金縛りになったり、怖さで包まれたりなど、様々な現実的な体が持つ抵抗感があります。

 

他の領域を体験すること、つまりは多次元的に生きて、この世界だけではなく様々な領域を「遊び場」にするためには、体のバランスを取っていく事がキーだと感じています。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 夢・体外離脱・幽体離脱, 意識・心・気付き ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
一期一会

大学時代に全国で5名様というホームページ作成ソフトが雑誌の懸賞で当選し、それを切欠にホームページを作りました。 国際交流について興味があったので、世界中に友達が作れるホームページ を作りました。今は残 …

no image
集中力で時間を越える

集中力が人生の幅を広げてくれると僕は感じています。何か新しい体験をする時、体の意識はその体験に圧倒されたり、変化することの恐れが出たりする等、気が散ってしまうことがあります。あと少し集中していればとい …

アトランティスジャーニーでアトランティスとつながる

バハマのビミニ島へ以前行きました。そこでビミニロードというアトランティス時代に活用されていた道を海の底で見ました。これは眠れる預言者と呼ばれアカシックレコードを活用していたエドガーケイシーの予言により …

no image
過去世・来世を知るメリット

過去世や来世等、今の現実とは別のタイムラインを知る事にはどんなメリットがあるか? 過去世は旅をしてきた記録です。つまりは、単なるデータに過ぎません。そのデータをどのように活用するかは、個人個人の信念や …

no image
HERE, THERE and EVERYWHERE

どんな瞬間にも、自分が始まった瞬間が存在しています。始まりの瞬間は創造の瞬間で、それは喜びが放出された瞬間と言うことができると感じます。ちょっと複雑な言い回しになっちゃいましたが、全て目に見えているモ …

オーロラの彼方へ(Frequency)

オーロラ。最近、僕の中でキーワードになっている言葉です。そして出会ったのが「オーロラの彼方へ(英題:Frequency【周波数】)」という映画。 この映画は30年振りに現れたオーロラが引き金となり、ハ …

no image
漁火

漁火(いさりび)とは海に灯して魚を集めるための明かり。闇の海に転々と灯る明かりはとても幻想的で、また神秘的。その光は私たちのユニークな光を象徴しているようにも感じます。 この世界はほとんどが空。しかし …

no image
夢のフィーリング

私たちが寝ている間に見る夢。夢の内容というものは、私たちがどれだけのストレスやブロック、思考パターン、行動パターン、葛藤などに支配されているかによって変化していきます。前提として、夢とはニュートラルで …

no image
GENESIS

今ここにいる感覚を持つこと。これが「今」を生きるということでしょう。しかしなかなか難しいものです。どうしても未来の不安や過去の失敗などが頭を過ぎる時があるものです。しかしやはりそれは幻想なんですよね。 …

純粋な気持ちでの挨拶が豊かな人間関係を創造してくれる

本日は個人的なお祝い事ですが、娘のリモナの幼稚園の入園式でした。いよいよ幼稚園生。この前まで小さかったのに、もうすぐ4歳で、明日から家族の元から離れての生活がスタートします。正直、寂しい気持ちもします …