ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

通勤は運動にならない?

   

dolphin_dive

セッションやワークショップでお越しになる方に運動は最近されているかをお聞きすると「会社に行く際に歩いて行っています」という声をよく聞きます。

 

しかし、残念ながら通勤では運動にはならない事があります。なぜならば、通勤ですと「職場に行かなければならない」という義務感が伴うからですね。心は仕事にフォーカスしていて、運動していることにフォーカスはしていない状態です。今この瞬間に意識がある訳ではなく、心の中でいろいろと予定を考えたり等未来へと意識が行ってしまう状態です。

 

こうなると運動モードではなく、形的には運動をしているようでも、それは仕事モードになります。私たちの体は心・気持ちで変化します。また、スポーツクラブへ通うことも同じです。例えば「毎月お金を払っているから行かなければならない」というような義務感が伴うと運動にはあまりなりません。逆にストレスになってしまうこともあり得ます。

 

通勤を運動にする場合は、仕事の事は一旦脇に置いておいて、今この瞬間体や呼吸を使っているということを意識することが大切です。そうすれば、通勤は素晴らしい運動になりますね。

 

1月11日(土)は毎年恒例の新春ワーク+新年会を開催します。今年の意図・ビジョンを明確にするためのワークショップです。ご参加お待ちしております。

1/11(土) アフタヌーンワークショップ 「 新春ワーク~ビギニング2014 」】
2014年の始まり。2014年は一体どんな年になるでしょうか?2014年に必要な情報をお伝えしながら、2014年の意図・ビジョンを明確にし、欲しいものを欲しい時に得ること、今この瞬間をエンジョイする事をテーマにした新春ワーク。

日時:1/11(土) 15:00-17:00
料金:3,000 円(税込)
会場:ワールドブルー(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/evening/evening250.html

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 健康・ヒーリング, 意識・心・気付き ,

  関連記事

ハートチャクラのシンボル

人間には主幹として7つのエネルギーセンターがあります。これはチャクラと呼ばれているもので、サンスクリット語で「輪」を意味する言葉です。そして、私たちのバランスを司っているチャクラが胸腺部分にあるハート …

no image
感謝から始まるストーリー

感謝すること。この事は多くの自己啓発やスピリチュアルなメッセージとして必ずと言っていいほど登場します。しかし、私達のエゴは感謝することに対して怖さや、日頃の忙しさに紛れて忘れてしまったりする事もあるで …

no image
純粋なエネルギー

私達は日々エネルギーに囲まれて生きていて、様々なラベルを付けて認識しやすいようにエネルギーに名前を付けたりしていますね。 例えば、電気エネルギー、磁気的エネルギー、癒しエネルギー、天使のエネルギー、感 …

ピンチはチャンス

何か物事がうまく進まなかったり、不安になるような事などが頻繁に起こってくる時、自分の本当の道から外れてしまっているんじゃないか?と想ってしまうことがよくあります。なんだか最近ついてないなぁ、とか。でも …

ソウルグループの繋がり

私たちはソウルグループやソウルメイトと呼ばれる仲間と一緒にこのシステムを旅をしています。 様々な体験を通して、その情報をソウルグループと共有をしてお互いに「知る」体験をし、この次元の観察をしています。 …

鏡の法則を止める時

鏡の法則とは、自分を相手を通して見るというものですね。小説にも同じタイトルの作品があるようですが、ここでの意味は、例えば、怒りを抑圧していると、相手の中に怒りを見たり、自分自身が抱えている葛藤等を相手 …

no image
人間を体験する

スピリチュアルや霊的なプロセスを探求している時、スピリチュアルな面を強調して見ようと努力してしまったり、全ての出来事をサインとして見ようとする傾向があります。もちろん探求することは悪いことではありませ …

no image
アカシックレコードvsリモートビューイング

本日、リモートビューイングワークショップの1日目が終了しました。1日目はリモートビューイングとは何か?なぜそれが可能なのか?できない理由は何か?どうやったらできるのか?という内容を概念から説明させてい …

no image
from WITHIN to WITHOUT

昨日あるドラマを見ていたら、ある場面の瞬間に「from WITHIN to WITHOUT」というメッセージが映りました。 この意味は「内から無へ」という意味合いになります。結局、あるポイントまでは、 …

no image
質問と答え

質問や疑問がある場合、同時に答えがあるものです。時間の流れ的には、まずは質問があって、それから答えがやってくるものですが、実はその逆もありなんですね。つまりは、答えが先にやってきて、その後に質問がある …