ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

人生のプログラムやオチを知る秘訣

   

目の前で起こっている現実。それは紛れもないあなたの現実です。どんな状況であろうとも、あなたが創り出した世界です。一人一人が映画の主人公。シナリオを意識しているかしていないかに関わらず、自らの意思・意図・ビジョンというプログラムに従って人生が展開しています。しかも、そのプログラムは偏見がなく、ただ「観察をしたい」「体験をしたい」「こうなってみたい」というような好奇心とチャレンジ精神で満ちています。

 

人生のプログラムのオチが分かる瞬間が誰もが体験する

どんな現実が展開していようとも、最終的に気付くのは「あー、これでよかったんだ」「これが私なんだ」「なるほど、こういうことだったのか」というような映画やドラマのオチの瞬間がやってきます。この瞬間、過去も未来も消えます。全てが今という瞬間に存在しているような体験です。一切の無駄が無かったこと、すべての体験は自らのプログラムでただ展開していること、人生とはシンプルなもの、ということを心から腑に落ちた感じで理解ができる瞬間が誰もが体験することになります。その瞬間、すべての概念が崩壊します。「全てある」から「全て無い」という両方が理解できる体験。

 

人生のプログラムのオチを知るために必要なこと

人生のプログラムの実態に気付き、人生のオチを理解するために必要なことがあるとすれば、それは生きることです。プログラムは既に完成しています。インプットがあってアウトプットがあるのがプログラムです。人生で言えば、意図をして結果を得るということになりますね。人生のプログラムを今誰もが実行しています。その過程を日々の生活という形で体験をしています。

「なるようになる」「自然に任せる」「全ては意味がある」「人生に偶然は無い」・・・という言葉がありますが、まさに人生のプログラムを理解するための言葉だと感じます。

人生のオチを知る、自分のプログラムの実態を知るためのアプローチやテクニックは様々あります。瞑想、呼吸法、シャーマニックリチュアル、体外離脱、アカシックレコード・・・僕もいろいろな実践や何十回というシャーマニックリチュアルを体験してきました。が、その経験から気付いた事は、日々の生活をしっかりと呼吸をして生きるということです。スピリチュアルのみにも、リアリティのみにも答えはありません。その両方を統合した「人間体験」を生きること。それが最終的な人生の「ゲートウェイ」へと導いていきます。

 

体外離脱ベーターセッションワークショップ開催迫る!

にじいろパンダさんとの共同企画ワークショップ「体外離脱ベーターセッションワークショップ」もいよいよ12/13(土)からスタートします。昨日は、ベータールームへ行き、最終サウンドチェックを行いました。満足いくサウンドに仕上がりました。シャーマニックビート+バイノーラルサウンド+体外離脱時の音を再現したサウンド+体外離脱に効くチャクラサウンドを取り入れたオリジナルサウンドを使ったベーターセッションで体外離脱を行っていただきます。参加者全員にこのサウンドをプレゼントさせていただきます。お申し込みは下記をご参照ください。

 12/13(土)2/8(日)+ベーターセッション 「 体外離脱ベーターセッションワークショップ 」
シンプルな8ステップと特殊なサウンドを用いたベーターセッションを用いて意識的な体外離脱を行うためのスペシャルワークショップ。

日時:12/13(土)2/8(日)+ベーターセッション 11時~18時
料金:72,000 円(税込)
会場:五反田JMAスペース+五反田ベータールーム
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/obe.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - シャーマン・シャーマニズム, 意識・心・気付き ,

  関連記事

no image
Outer info or Inner info

年々増幅的に増えているものがあります。それは情報。情報には大きく分類するとすれば、2つあるように思います。一つは、様々なメディアを通して入ってくるもの、もう一つは私たち自らが受信するものです。メディア …

分析思考から本質の輝きを知るための秘訣

自分らしく生きるために必要なのは、「どのようにうまくやったら他者から評価されるか?」とか、「どうしたらよい点が取れるか?」とか、「どのような能力があれば成功するか?」というような戦略やマニュアル、教科 …

イリュージョン

私たちが見ているこの世界は、私たちが見たいように見ている世界。感じたいと思った体験・意図が、この時空間に投影され現実として創造されていきます。 私たちの本質にあるものは、様々な可能性を可能な限り観察し …

no image
妖精君との遭遇!?

寝正月の影響+夜の寒さのせいもあり、夜あまり眠れませんでした。そんな時、突然幽体離脱をする前や金縛り時に体験するような体の痺れが体に走りました。しかし、痺れがあるだけで、幽体離脱状態でも金縛りでもない …

誰もが特別な存在だから大丈夫

本来、どんな人もこの世界では特別な存在で、素晴らしくて、すごい輝きを放っています。それに気付いていくのが、この人生ですね。   しかし、幼少期の頃の体験や、様々な制約や抑圧を感じた体験の中で …

フォトリーディング

フォトリーディングという本を写真のようにスキャンするユニークな速読を学び、日常で実践しています。一般的な速読として思い付くのが、本の一行一行を素早く目で追いつつ理解していくものですが、フォトリーディン …

no image
コンピュータ言語的な世界

目の前にいる人は本当に他者でしょうか?他人と言えるでしょうか? 自分と他者との境界線はどこにあるのでしょうか? もし今いる部屋や空間に誰もいなければ、他者がいる事を認識できるでしょうか? 目を瞑ったり …

no image
類は友を呼ぶ

この世界の基本的な法則、宇宙の法則とも呼べるものがあります。それは「引力」。 お互いがお互いを引き合う力。他の言い方で言えば、共鳴、誘引、ハーモニクスですね。日本的な言葉を使えば、「類は友を呼ぶ」です …

no image
記憶喪失と時間

日々の生活の中、家族や学校・会社、社会の中を過ごす事で、私たちは社会的な合意された現実にフォーカスをしてしまうパターンを身につけていて、自分自身の本質的な心にフォーカスをせず、「他者のため」「社会のた …

no image
あくびのように

あくびが伝染するってことよくありますよね。それは人間の心理的な繋がり、つまりは共感能力の一つだと言われています。無意識に他人との繋がりを求める現象のようです。 あくびで説明できるように、私たちは肉体的 …