ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

DNA・家族の繋がり

   

982d81f5.jpg週末に従兄弟のとおる君が遊びに来ました。僕は残念ながら仕事で行けなかったのですが、酒井治さんのライブが新宿であり、従兄弟は酒井さんのライブを観にいきその帰りに家に遊びに来ました。久々にゆっくりと話ができとても楽しい一時でした。御茶ノ水に行き楽器街を「あーでもないこーでもない」と視察して楽しみ、新宿でインド料理を一緒に食べてから8時の特急「あずさ」で従兄弟を見送りました。

とおる君は僕の兄貴的な存在でもあると同時に、僕に様々な場面で大きな影響を与えている存在なんです。僕のインターネットやパソコンへの興味、ギター等の音楽に目覚めた影響、そして、石の世界への興味も全てとおる君の影響なんです。それが今では仕事に発展しているほど、とおる君の存在は僕の人生の中でキーパーソン的な存在になっています。

今回いろいろと話をしていて、気付いた事はDNAの繋がりについて。僕の中でキー的な存在であるのは前述のとおりですが、それは直接的な影響ですね。直接同じ血族のとおる君から教えてもらったり、その姿を見て興味を持ち始めたり。

しかし、面白いのが間接的な影響があるということです。
まず興味の対象です。やはりDNAの影響があるようで、同じような音楽を好きになったり、好みのタイプというのも似ています。
また、従兄弟と話をしている時に気付いたんですが、従兄弟と顔が何となく似ている人が僕の周りにいたり、僕の様々な出来事のキーとなる人が妹と似ていたり。
小さい頃からたくさんの時間を過ごす家族は、その姿や考え方等含めて自分の中のキー的な存在になっているようです。安心感というのもあるんでしょうね。

この世が全て自分の創造した世界と言えます。自分を知るというプロセスでは、例え家族が近くにいなくても、似たような人々を自分の周りに創造しているんだなと気付きました。もちろん、意図的に似ている人に惹かれるということもあると感じます。一見関係ないと思われる日々の出来事であってもDNAの影響というのは少なからずあると感じています。

写真はギターを弾くとおる君です。しかし、東京に何も荷物を持たずサイフだけ持ってくるのは凄い技術だなぁ(^^♪

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Comment

  1. とおる より:

    そんな、たいした人間では無いので。。(^^;
    写真撮るならヒゲ剃っておきゃ良かった(笑)
    基本的に手荷物がキライなんだ(^^;
    持って出かけると 忘れるし。。
    また遊びに行くので そのときは よろしくね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
リモートビューイングの可能性

今月の21日22日に仙台からスタートするリモートビューイングのワークショップにお問い合わせをいただいておりますが、やはり多いご質問がリモートビューイングを実際に日常にどのように役立てることができるのか …

no image
「音」のボリューム

私たちの内側の奥深くには永遠の輝きがいつでも光っています。永遠の「音」「色」「形」「エネルギー」と言う事もできますし、「本質」「魂」として捉えることもできます。昨日は「サウンドメディテーション」という …

no image
未来へのメッセージ

未来に対するメッセージは様々なメディアを通して私たちの耳に届いていて、無意識にも意識的にもそのメッセージに耳を傾け、現実が展開しているように感じます。それは、サブリミナル的に私たちの心に響いていて、催 …

no image
過去世・来世を知るメリット

過去世や来世等、今の現実とは別のタイムラインを知る事にはどんなメリットがあるか? 過去世は旅をしてきた記録です。つまりは、単なるデータに過ぎません。そのデータをどのように活用するかは、個人個人の信念や …

no image
変化する時・・・

変化する時、例えそれが自分が望んでいることであったとしても、必ず「恐れ」が出ます。なぜならば、変化とは今までのパターンを捨てたり、今までの習慣を手放す必要があるためです。 人間には思い込みや先入観があ …

no image
2009年のスタート

2009年が始まりました。あるポイントに向かって、年々自分の内側に隠されていた想念が顕在化してきているように感じています。この意味で、今年もどんなことであれ自分自身の事はもちろん、外側も自分自身とリン …

no image
バイオリズム

自然にはバイオリズムがあります。バイオリズムとは一定の周期的な動きのことですね。木で例えれば、新緑の時もあれば、枯れて葉っぱが無い時もあります。人間の生理的な現象や「調子」にもバイオリズムがありますね …

「覚醒したい」「悟りたい」だけでは不十分なこの世界の旅

アウェイクニングプログラムもお陰様で2/20(土)にスタートし、先週末はセクション2でブロックのリリースの1日でした。これからの旅が楽しみです。2期はいよいよ創造の源を知るためのリチュアルが迫ってきま …

no image
パフォーマンス不安

パフォーマンス不安とは「ちゃんとできるかな」とか「問題なくできているかな」等と何かを行う前や最中に考えてしまう事を指す言葉。その度合いは個人差はありますが、パフォーマンス不安には葛藤、セルフジャッジメ …

no image
アウターチャイルド

インナーチャイルドという概念があります。これは小さな頃の体験が癒されていずに残っている概念になります。子供の頃の体験が今に影響を及ぼし、反応が出てくることがあります。その場合、子供の頃の体験をよく観察 …