ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

全ての道は自分の答えには繋がっていない理由

   

本日は全ての道は自分の答えには繋がっていないことについて書きます。

 

この世界には様々な「道」が用意されています。様々な実践やテクニック、考え方や概念、信仰や信念体系など、自分を知るためのルートやアプローチは本当に様々あります。しかし、その道はあくまでも道であって、最終地点には道は存在していません。道にはまってしまったり陶酔すると、そこから抜け出せずに、ある意味「罠」にはまってしまいます。

 

自分を完全に知った状態を山の頂上だとすると、頂上に到達するためのコースや山道はいろいろあります。

道によっては時間が掛かるものがあったり、楽なコースもあったり、様々な道があります。

しかし、自分を知るための道は、あくまでも知るための道であり、そこにはゴールが用意されていません。ゴールという概念はありますが、ゴールそのものはありません。ただの道です。

「自分を完全に知る」というゴールは自分の意志、意図、パッション、決意、覚悟で到達しなければならないのが、自分を知る道です。つまり、ゴール直前で道は終わっているんです。そこには何もありません。

 

禅やシャーマニズムの概念で言えば、全てはまやかしであり罠です。ここにジレンマがあるんですが、自分を知るプロセスで様々な実践やテクニックを行っているとしても、本当の自分を知るためには、そのテクニックは邪魔になります。そこに執着していると、自分を知ることは不可能です。

自分を知るとは、「ある」という領域から「ない」という領域へと意識が拡大する状態です。例えば、「悟り」や「覚醒」を目指している内は、その状態には到達しません。その概念を手放した先に、本当の自分を知る体験が待っています。更に、その状態になると面白いのが、「悟り」や「覚醒」という概念すら存在しません。何も無いんです。

 

どの道も「自分を知る」という方向には向かっていますが、最終的なゴールはどの道にも用意はありません。なぜならば、道は他者が構築したものだからです。

もちろん自分を知るための指針にはなりますが、最後は自分の力で乗り越えていく必要があります。最終的には全てを完了させる必要があります。

 

・・・とは言っても、この世界は自分が描いている人生。とにかく起こる出来事や感情を味わっていき、日々の中で味わい尽くしていくことがポイントだと感じています。いろんな景色を味わって完了し、最終的には自らの意図で独創的な景色を創造することですね。それが本当の自分を知り、生きる事でもあります。

 

アウェイクニングプログラムでは、この視点を大切にプログラムを進めていきます。最終的に行う海外でのシャーマニックリチュアルの段階になったら、何か特別なことをする必要はありません。ただ旅を楽しむだけです。

 

本当の人生は自分を体感で知ってからはじまります。

 


ワークショップのご案内

2018/4/22(日) 明晰夢ワークショップ
~意識的に夢を見る
夢を知り夢を意識的に見るためのワークショップ。夢のメカニズムから意識的に夢を見る(明晰夢)ためのドリームワークショップ。
2018/4/24(火) マントラナイト
マントラとは音です。意図を込めて唱える事で、意図した事が結果として 表れます。参加者の皆様で 一緒に唱え、リラックス&エナジャイズしていきます。
2018/5/26(土)5/27(日) シャーマニックアカシックレコードワークショップ
~アカシックレコードを活用して自分を知る
シャーマニズムの視点からアカシックレコードを活用して本当の自分を生きるためのワークショップ。よりよい人生の在り方をアカシックから読み解きます。

アウェイニングプログラム6期2018年4月28日スタート

シャーマニズムに基づき、約半年で準備を行い海外にてシャーマニックリチュアルを体験し、森羅万象が始まる瞬間である「創造の源」や多次元的な世界を体感し完全に腑に落とすためのクイックプログラム「アウェイクニングプログラム」の第6期は2018年4月7日にスタートを予定しております。本当の自分の正体を知りたい方、この世界の仕組みを腑に落としたい方、そろそろ能力の人生から「どう生きるか?」の人生にしたい方、自分探しの旅をそろそろ止めて本当の人生を生きたい方のご参加お待ちしています。通学、セミ通信、自己認識のみに特化したセルフディスカバリーコースの3コースご用意しております。

第6期(予定):2018年4月28日〜2019年1月12日(海外リトリート 12/7~)
詳細:http://www.awakening-program.com

アウェイクニングプログラム

動画コーナー

アウェイクニングプログラム

ワールドブルーアウェイクニングプログラムに関する動画です。参加メンバーのシャーマニックリチュアル体験談やプログラムガイダンス等の動画を紹介しています。

ワールドブルーチャンネル

ワールドブルーチャンネルは毎回様々なロケーションやテーマでワールドブルーのトミーやエリーがお送りするシュールな動画ニュースです。 毎回お馴染みのお葉書コーナーもあります。

ワールドブルー公式ライン

ワールドブルーのLINEアカウントを公開しました。下記のQRコードやバナーボタンからご登録ください。IDは@worldblueになります。登録時に、オリジナルマンダラ待受画像をお送りしております。随時、ワールドブルーの情報やメッセージなどをLINEを通じてお伝えしています。 友だち追加数
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - シャーマン・シャーマニズム, 意識・心・気付き ,

  関連記事

no image
世界の見方

私たちは私たちが「そうでありたい」「そうであろう」という世界を日々、今こうしている時も見ています。 「こういう状況になったら、必ずこうなる」「こうなったら、絶対に無理だ」というような想いが、まさにその …

no image
家族のダイナミクス

家族についての質問をコメントでいただいたので記事として書きますね。 なぜ人間には家族ということがあるのか。生物学や社会学等で様々な定義があると思いますが、神秘学的な視点では、大きく分けて2つの意義が考 …

no image
行雲流水

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。これをもって年賀状にかえさせていただきます(^^ゞ 2007年になりましたね。今年はどんな年になるでしょうか。今年は地球の動きが気になりつつ …

no image
パフォーマンス不安

パフォーマンス不安とは「ちゃんとできるかな」とか「問題なくできているかな」等と何かを行う前や最中に考えてしまう事を指す言葉。その度合いは個人差はありますが、パフォーマンス不安には葛藤、セルフジャッジメ …

本当の自分を生きるために必要な他者の存在

昨夜はいよいよ11/1にシャーマニックリチュアルの旅に出るアウェイクニングプログラム5期のための壮行会を開催しました。5期メンバーから今までの流れや意図を発表したり、他の期のメンバー達が集い、5期に向 …

瞬間の感情

私たちは日々の日常の中で様々な感情・フィーリングを体感しています。感情とは元々は純粋なエネルギーですが、過去の経験や体験等と比較をして純粋なエネルギーに意味や定義を付け、この感情は良くて、あの感情は悪 …

no image
集中力で時間を越える

集中力が人生の幅を広げてくれると僕は感じています。何か新しい体験をする時、体の意識はその体験に圧倒されたり、変化することの恐れが出たりする等、気が散ってしまうことがあります。あと少し集中していればとい …

歪む夢から自分に目覚めるための夢の扱い方

覚えているかいないかに関わらず、私たちは毎日夢を見ています。夢の解釈は様々で、科学的、生物学的、心理学的にいろいろな説明がされていると思いますが、シャーマニズムの視点や臨死体験や意識の視点から捉えると …

リアリティーと夢

今住んでいる世界、今目の前に表れていて認識している世界はリアルです。目の前に机があれば、「机」として認識できるし、誰かがいれば「人」として認識ができ、テレビに映し出される映像もリアリティーとして認識し …

歴史の中の自分

13000年の周期で時間をさかのぼっていくと、アトランティスという時代やレムリアと呼ばれる時代等長きに渡って文明を作っていた時代があったりします。 文献として残っているのは紀元前数千年位からのもので、 …