生姜の季節

いよいよ11月。今年の秋はなんか短い感じもしますが、これから寒い季節に向かいますね。特に今年は夏が暑かったので、冬は冷え込むとの予測があり、体調の管理が大切ですね。

個人的にこの季節だけではなく年中になりますが、生姜を利用しています。生姜は薬膳や漢方では体を温めてくれるハーブとして分類されています。体が冷えていたり、風邪の予防に役立つハーブですね。

生姜湯なども飲みますが、個人的におすすめは「オーガニックジンジャーコーディアル」です。これはイギリス産で英国オーガニック食品協会と日本のオーガニック認証協会での承認を取得したコーディアルです。

このコーディアルを約10倍に薄めて飲みます。お湯で割れば生姜湯に、炭酸で割れば本格的なジンジャーエールに。この特徴が生姜の本来のあの「辛さ」がしっかりと出ている点です。とても美味しいです。値段的にもリーズナブルです。500mlで1575円。一般的な国内産のものやその他のものは3000円近くするものもあるんですよね。

辛いのが苦手な方にはおすすめできませんが、本格的な生姜ドリンクを求めている方にはおすすめしたいです。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください