瞬間の感情

私たちは日々の日常の中で様々な感情・フィーリングを体感しています。感情とは元々は純粋なエネルギーですが、過去の経験や体験等と比較をして純粋なエネルギーに意味や定義を付け、この感情は良くて、あの感情は悪い、というように区別をする傾向があります。そして、自分に罰を与えるかのように、簡単に傷付きます。

目の前に花があるとします。その花を見てシンプルに「キレイだな」と瞬間に感じて味わうだけで意識は拡大して本質の自分らしさというものが放射されていきますが、花を見て「この花は昔の友人からもらった花と一緒だ。あの人には酷い仕打ちを受けたなぁ」とか「この花の花言葉は○○だ。だからきっとこういう事が起こるに違いない」とか「これは天使からのサインだ」等、様々な個人的な意味や定義を付けて、その花そのものを見るのではなく、過去の体験や思考パターンや固定概念、未来の憶測や期待等で心が支配されてしまうと、意識は収縮して、本来の自分との距離が生じます。

確かに今の時代は情報社会で、いろいろと考えなければならない事があったり不安が浮上しがちのように感じます。考え過ぎると益々混乱の中へと入っていってしまう事も。

純粋に、シンプルに、今この瞬間の感情・フィーリング・気持ちを意味を付けずに味わうだけで、意識は拡大し、例え何か問題があったとしても、その解決策やヒントに気付く事ができるでしょう。

 

▼今週末はアカシックレコードのワークショップを開催します。

2Daysワークショップ「はじめてのアカシックレコード」 in 東京
初めての方を対象にアカシックレコードの概念や情報から、実際のアカシック
レコードへのアクセスを行う体感型ワークショップです。ゲリーボーネルジャパン公認ワークショップ

日程:2月23日(土)24日(日)
時間:11時~18時
料金:48,000円(税込)
会場:ワールドブルー(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/akashic1302tokyo.php

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください