シンプルライフは遊び心から

water_pureness

私たちは自らが創り出した世界に暮らしていて、日々様々な出来事や事象を五感と感情、またそれを超えた第六感的な部分を使って観察しています。

 

様々な出来事は層のようになっていて、その層が厚ければ厚いほど、複雑な出来事に感じられます。層とは、抑圧された感情や五感、過去の思い出、思い込み、葛藤、固定概念、先入観、思考パターンや行動パターンなど、専門用語でAOL(Analytic Overlay)と呼ばれます。フィルター、色めがねと言い換えてもよいですね。それらを通して、出来事を観察すると、現実が歪みます。実は順調に出来事が進んでいるのに、しり込みをしてしまったり、「自分はだめだ」と壁を作ってしまうこともあります。

 

川を例にしても分かりやすいかもしれません。川を上から見ているとします。もし川にゴミや不純物が混ざっていると、川は濁って見えたり、匂いが酷かったり、川の底が見えなかったりします。これが、不純物が無くなると、川底が見えるほどクリアになりますね。

 

どんな時でもクリアでいれば出来事はシンプルになってきます。そのポイントは遊び心です。柔軟に工夫をして自分なりのやり方で出来事を見ていくことがキーです。深刻に考えすぎず、もっと軽い気持ちで遊ぶ気持ちでいられれば、出来事はどんどんと展開していき、層が崩壊してスッキリとクリアになります。参考にするのはステキなことですが、完全に誰かのマネだけだったり、誰かと比較して一喜一憂でも行き詰まります。どんな試練と感じられる出来事でも、オリジナルの方法を試すチャンス。子供のような遊び心、イルカのように自由に大海原を自由に泳ぐような気持ち。これが本来の自分を生きるキーだと感じています。

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。