小笠原父島へ Day1

02451a0e.jpg4/28(木)遂に小笠原父島への旅が始まりました。
この旅の大きな目的の一つはイルカ君達と泳ぐこと。
これは長年の夢でした。昨年フロリダのネープルズにイルカと泳ぎに行きましたが、残念ながら海水の温度の上昇で、泳ぐことができませんでした。
アメリカから帰国後、アクアリマの三上さん達と食事に行きましたが、
そこで来年の4月か5月頃に小笠原にイルカと泳ぎに行こうという話が出ました。
そして現実化した訳です。

竹芝桟橋に午前9時に集まり、いよいよ小笠原父島への旅がスタートです。
僕を含めて8人での旅です。
「おがさわら丸」に乗船し、午前10時に父島に向けて出航です。
小笠原父島までは、なんと船で25時間半かかるんです。
小笠原諸島は、東京から約1,000キロ。小笠原の南にもう少し行けばグアムになります。亜熱帯性の気候で、まさにそこは南の島って感じです。

さて、25時間もの船旅。僕は長時間の船旅は初めてで、ちょっと船酔いとか不安でした。東京湾内はそれほど揺れませんでしたが、太平洋に出ると結構揺れ始めました。念のため酔い止めを飲んでいたので大丈夫でしたが。酔い止めは念のため必須かもしれませんね。長時間何をして過ごすかですが、僕たちは船のゆれを紛らわすためとジョイのため、カラオケ大会です。3時間連続でカラオケをしました。カラオケルームは一つしか無く予約制なんですが、800人近くの方が乗船しているのにあまりカラオケしないようですね。
でも、カラオケは大正解。船の揺れは全く気になりません。
結局、船酔いとは意識の問題であり、何か別のことにフォーカスしていれば気にならないものだと知りました。
食事も船の中のレストランで取ります。結構作り立てで美味しかったです。

カラオケ終わったら、明日に備えて就寝しました。しかし、船のエンジン音や揺れが気になり、しかも寝る場所が2等席ということで、ちょっと狭くあまり熟睡はできませんでした。でも、小笠原の楽しい旅が待っているので、睡眠不足は問題なし!早くイルカと会いたいっ!という気持ちで一杯でした。

写真は「おがさわら丸」のデッキから眺めた太平洋です。
海の色が青です。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください