高野山へ Day2

奥の院へ向かう道は、たくさんのお墓が建立されていました。
豊臣秀吉、親鸞、織田信長等などの著名人から、企業のお墓、しろありのお墓などもあり、まさにここが聖地の中の聖地なんだなぁって感じました。
特に木のエネルギーには感動しました。幹が非常に太くまっすぐ立っている木々がたくさんあります。まさに氣ですね。

奥の院に近づくにつれ、エネルギーが満ちてきていて、雰囲気も何と言うか非常に厳かになってきます。
奥の院の中に入った時、遂に到達したというような感覚に教われました。
奥の院の中で響くマントラは心に素直に響く感じです。
奥の院を回り、後ろに弘法大師の御廟があります。
四国八十八ヶ所を無事巡り終えると最後は奥の院に来るということもあり、
たくさんの方が祈りを捧げています。まさに意識の祭壇のような感覚でした。
弘法大師はまだここで生きているとされています。
ここで、般若信教の大合唱が始まりました。その言葉の一つ一つに魂が込められていて、叡智を引き出させてくれる大きなパワーを感じ、とても感動しました。僕は奥の院では、男性性的なパワーを感じました。
天河神社と奥の院の両方で般若信教を聞くことができたこともあり、陰陽のバランスを調整する意図があったんだと感じました。

奥の院を後にし、本日宿泊する宿坊へと向かいました。
大明王院という宿坊であり、夜は本格的な精進料理を食べることができました。とても美味しかった~。
その後、ゲリーのワークと誘導瞑想もあり、今日の出来事の意図を再体験できたような感じでした。

夜は仲間達とワイワイと今までの体験や今後の展望など様々な話をしました。

今日一日は僕の人生にとって非常にパワフルな体験になりました。
明日は高野山の総本山である金剛峯寺を訪れます。

↑浴衣ではしゃぐゲリーにたくさんのスピリット達が共鳴!

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください