ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

シンプルライフは遊び心から

   

water_pureness

私たちは自らが創り出した世界に暮らしていて、日々様々な出来事や事象を五感と感情、またそれを超えた第六感的な部分を使って観察しています。

 

様々な出来事は層のようになっていて、その層が厚ければ厚いほど、複雑な出来事に感じられます。層とは、抑圧された感情や五感、過去の思い出、思い込み、葛藤、固定概念、先入観、思考パターンや行動パターンなど、専門用語でAOL(Analytic Overlay)と呼ばれます。フィルター、色めがねと言い換えてもよいですね。それらを通して、出来事を観察すると、現実が歪みます。実は順調に出来事が進んでいるのに、しり込みをしてしまったり、「自分はだめだ」と壁を作ってしまうこともあります。

 

川を例にしても分かりやすいかもしれません。川を上から見ているとします。もし川にゴミや不純物が混ざっていると、川は濁って見えたり、匂いが酷かったり、川の底が見えなかったりします。これが、不純物が無くなると、川底が見えるほどクリアになりますね。

 

どんな時でもクリアでいれば出来事はシンプルになってきます。そのポイントは遊び心です。柔軟に工夫をして自分なりのやり方で出来事を見ていくことがキーです。深刻に考えすぎず、もっと軽い気持ちで遊ぶ気持ちでいられれば、出来事はどんどんと展開していき、層が崩壊してスッキリとクリアになります。参考にするのはステキなことですが、完全に誰かのマネだけだったり、誰かと比較して一喜一憂でも行き詰まります。どんな試練と感じられる出来事でも、オリジナルの方法を試すチャンス。子供のような遊び心、イルカのように自由に大海原を自由に泳ぐような気持ち。これが本来の自分を生きるキーだと感じています。

 

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き , ,

  関連記事

未来人ジョン・タイターの大予言

バハマから帰って来てから、様々な時間に関する情報が入ってくるようになりました。バミューダトライアングルという土地にはそのような意図があるのかもしれませんね。バハマから帰国してから、横浜の本屋さんに入り …

心からオネスティ

「心からオネスティ」 これは稲垣潤一さんのヒットソングです。オネスティとは英語Honestyで「誠実:正直」というような意味合いがあります。このことはとても大切なことだと強く感じたことが先週の金曜日に …

意図が明確になると後悔や失敗が消える理由

「あの時こうしたらどうなったんだろうか?」「あの時こうした方がよかったかな?」   このような後悔に時間を割くことは時間の無駄と言えます。なぜならば、全ての出来事は完璧だからです。パズルのピ …

no image
目標や欲は必要か?

「期待しない事を期待すると」のコメント欄で頂いたご質問の回答を記事として掲載します。 「目標」は持たないほうがいいか?「目標」や「欲」があったほうがいいのでは?というご質問です。僕なりに想う事を書いて …

no image
傷つくためには

傷付くためには自分への許可が必要になります。何かに対して怖がるためにも自分への許可が必要になります。「こういう事が起こったら傷付こう」とか「このような場面には怖がるようにしよう」というように戦略(スト …

no image
スピリチュアルって?

スピリチュアルという言葉が様々なところで使われるようになりました。 スピリチュアルとは「精神的な、霊的な」という意味ですが、螺旋状に伸びるこの次元での私たちの存在のことであったり、肉体意識の進化を表し …

no image
形ある世界

物質には「形」という概念がありますよね。視覚を通して見えている世界は全て形で構成されています。形って本当に不思議だと日々感じています。例えば絵の世界があります。どんな絵も必ず形で構成されています。そし …

no image
自分は自分でOK

例えば友人と、自分がすごく気に入っている映画について話をする時。友人のその映画に対する評価が違った場合、特に全く正反対の意見だった場合、どのように感じますか?人は全く違う意見を聞くと、大抵の場合(もち …

子供の意図と大人の意図の違いとは?

明日から福岡でワークショップがスタートします。今回のテーマはシャーマニズム的な視点で生きるということ。シャーマニックジャーニー、リモートビューイング、体外離脱ワークショップと盛りだくさんな内容で開催し …

第3の眼だけではアンバランスになる

スピリチュアルな世界や精神世界では霊性を高めたり、サイキック能力を活性化したり、明晰性を高めるために、第六チャクラの第3の眼を活性化することがポイントと言われています。僕自身もワークショップでは第3の …