ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

邪気という概念が消えるとき

   

expandness

 

今朝は朝早く起きて日本vsコロンビアの試合を観戦しました。前半はナイスな動きでしたが、後半相手のペースにはまってしまいましたね。トーナメント進出は残念でしたが、勝ち負けはお互い相手がいないと成立しないので、それはそれとして選手達の今までの功績やこれからの活躍に拍手と感謝を送りたいと思います。娘っ子も、ちょうど観戦時間に起き出して、前半は抱っこしながら観戦。まぁ、ハーフタイムで再び眠りについていましたけどね。最近は、新しい抱っこの仕方を覚えて、楽になってきました。

 

石にまつわるエトセトラで、浄化の話がありますね。今日は同じ同郷の信州からいらしたお客様ともその話で盛り上がりましたので、ちょっと書いてみたいと思います。石の浄化をしないといけないという話がありますが、それをしてしまうと石が持っている大地の情報やそれを手にしてきた人々の情報も一緒に消えてしまいます。石は古からのハードディスクで、様々なまさに「意思」が保存されています。でも、邪気があったら嫌だという話もありますが、邪気とは何でしょうか?いわゆる邪気とは「嫌な」「悪い」情報ということになり、私たちに災いをもたらすエネルギーということになると思います。また「悲しみ」「怒り」「無念」などのエネルギーもそうですね。でも、全ての体験は単なる体験であり観察であり、良いも悪いも実はありません。それを決めるのは、私たちの心の在り方です。

 

この世界へ、私たちはある意味代表選手でやってきて、オリジナルのイベントを体験しています。その体験は、自分だけのものではなくて、実際は多くの仲間達と共有をしている財産です。どんな世知辛い体験でも、楽しい体験でも、偏見はありません。「へー、こうするとこうなるんだ」「はいはい、この間取りでこの値段ね」という不動産物件を観察しているような?感じで日々体験をしているだけです。そこに偏見を入れて、「良い体験」とか「悪い体験」というように捉えるのは、私たちが生まれてから培ったブロックや葛藤、抑圧した感情などによるフィルターを通した偏見になります。

 

この意味で、邪気的な情報があったとしても、それはある人が代表して体験してくれた貴重な財産的体験です。その情報を自分の人生に活かせる可能性が十分にあります。結局、自分で邪気という概念を持っていたり、参加することで、何らかの共鳴があり邪気的なイベントが起こる可能性もありますが、人生の共有財産という視点、アカシックレコード的な視点でみれば、全ては偏見の無い情報で自分に活かせますし、この意図であれば浄化は全く必要ありません。浄化が必要なのは、自分の体だったんだという事にも気付くでしょう。

 

この意味で、最もパワーのある石・クリスタルは、多くの人の手に渡ってきたものということになります。友人であり恩師のゲリーにエジプトにあるウィッシングストーン(Wishing Stone)はとてもパワフルだと聞いたことがあります。ウィッシングストーンは長丸で中央が凹んでいて、そこを祈りを捧げながら指でこするという儀式的なストーンです。多くの人の祈りや願いが凝縮されているからパワフルなのでしょうね。いろんな人に渡ってきた石があったら、是非そのエネルギーを手にとって味わってみてください。また、ある種の儀式に使う石は相手のエネルギーが入らないよう誰にも触らせないものもあるので、もし誰かの石に触る際は念のため相手に聞いてからのほうがよいでしょう。

 

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - アカシックレコード, 意識・心・気付き , ,

  関連記事

全ては仮説

最近、有限会社B.E.の龍治さんに「99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方」という本を借りました。まさに、今の世の中の現象を説明しているとても面白い本です。今の「常識」や「説明」は科学とい …

no image
Heart Sutra

3月21日は春分の日でしたね。僕は仙台の秋保温泉にある木の家で行われた「春分の日のイベント」に参加させていただき、ミニワークをやらせていただきました。 参加者全員で108回のハートスートラ、いわゆる仏 …

ビジョンが響き渡る日常

  どんな状況であっても、今の現実は感情と五感を通して味わっています。それをビジョンと呼ぶことができます。ビジョンと言うと、視覚的なイマジネーションを連想することが多いですが、ビジョンとは五 …

よりよい人生のための概念のみを活用する

この世界は概念でできています。そして概念を映し出している源、それを創造の源と呼んでいますが、今見えている時空にある全ての概念はその創造の源から一人一人のビジョンに従って創造されています。この意味で、こ …

no image
ループから抜けるために

物事がうまく進まなかったり、何か邪魔や障害というものが起こった場合、例えそれが外側の出来事であったとしても、大きく見ると自分自身の中にある抵抗が作り出していると言えます。 私たちは、何かが起こったとき …

no image
矛盾の世界

日常の中の矛盾点に目を向けること。これが、今この瞬間をエンジョイヒントになっている場合が多いものです。矛盾とは、「あなたはあなただけど、私である」や「ああでもなければ、こうでもない」ということなど。つ …

ホログラフィックな世界

今私たちが味わっているこの世界には、様々な人々が暮らしています。楽しい人生を味わっている人、辛い人生を体験している人、不安を味わっている人等。人間一人ひとりの体験はひとそれぞれであり、それぞれが貴重で …

ドルフィンマインドの3要素

4/9(月)の19時より五反田JMAスペースにて第2回目のドルフィンマインドを開催しました。多くの方にご参加いただきました。ありがとうございました。 今回のドルフィンマインドは「イルカのようにチャンネ …

no image
一歩を踏み出す

何か新しいことや、今まで体験していないことを行なう時、ためらいがあります。もしかしたら人を傷つけてしまうんじゃないかとか、どうせ自分には無理だとか思い込んでしまって。様々な情報や他の人の経験を自分のも …

no image
現実化と内側を見る事

※最近ブログをお読みいただいた方から文章がドライだし、分かり難いとのご指摘がありました。もちろん僕が書く文章の癖というか質ではありますが、自分の話す際のキャラと異なる面もあるので、これからは「新しい事 …