ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

言葉が作り出す世界

   

私たちが日々使っている言葉。この世界は音で出来ているとも言われますが、別の言い方で言えば、世界は言葉で出来ているとも言えますね。

日々使う言葉には、私たちの想いが入っています。感情的な言葉、真剣な言葉は、意図が込められた言葉はどんな言葉であっても世界に投影され、カタチになります。昔から言われている言霊という言葉もあるように。

カラオケに行ったときも同じですね。歌詞に使われている言葉も、もし意図を込めたり、感情が込められると、それは遅かれ早かれ現実化してくるでしょう。

そう考えると、口癖、誰かを呼ぶ声、機械的に仕事上話すような事、どんな言葉であっても、発せられた音はこの世界に投影されてきます。

もし日常的に欲しいものがなかなか入らなかったり、何か突破口が見当たらないような場合、意識的に自分自身が使っている言葉を確認することがポイントになるでしょう。
その際「私は○○したくない」などの否定形は使わずに、「私は○○したい」と明確な言葉を使うようにしてみることもコツです。

今夜はマンダラワーク。マンダラも音です。言葉に純粋な想いを乗せて、唱えたいと思います。

▼8月以降のワークショップのお知らせ

2Daysワークショップ「リモートビューイングワークショップ」 in 東京
ゲリーボーネル氏と一緒に開発したゲリーボーネルジャパン公認プログラム。
バイロケーションを体感し、意識を拡大すると共に、多次元的な自分を知ったり、思考パターンや葛藤のリリース、現実化などに役立つ体感型ワークショップです。意識的なタイムトラベルを体感します。体外離脱や現実化に興味ある方にもおすすめのプログラムです。

日程:9月3日(土)4日(日)
時間:両日とも11時~18時
料金:48,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/bilocation09.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 現実化・シンクロ(共時性) , ,

Comment

  1. happyかこ より:

    昨日のマントラワーク愉しかったです♪
    口に出す言葉が創り出すですよねっ★
    この夏は海外もいいけど、避暑地で夜空を眺めるのもいいかも。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
人間関係の現実化

想念には全て形が存在しています。そして言葉に出したものは遅かれ速かれ現実に投影されます。現実化の対象は人によって、タイミングによって様々ですよね。お金、車等の物質的なもの、仕事や家庭等の環境面、そして …

no image
期待とビジョン

「期待」という言葉があります。「こうであったらいいなぁ」という未来に対する予測ですね。期待することで、私たちは未来に対しての目標や目的を持ち、ある種のモチベーションをキープすることができます。 しかし …

no image
下手vs上手

日々私たちは誰かの創造力が現実化したモノと触れ合っています。パソコン、料理、ペン、映画、音楽、カメラ、机、靴・・・等など、認識しているモノは誰かの創造力から生まれたものです。日常の中で当たり前にあるも …

期待・執着から離れてビジョンを生きるために

期待や執着は私たちの人生の道を収縮させ、不安・嫉妬・妬み・心配・後悔などを生み出すことに繋がります。期待・執着は、見返りを求めている状態で、他者との比較、時間(過去や未来)との比較、そして「こうでなけ …

no image
意図=結果

意図が私達の現実を作っています。何か起こった時、それはあるタイミングで意図した結果です。つまりは、「意図=結果」ですね。 意図とは、自分の意識の方向性や覚悟していること、現実にしたいという決意。 誰し …

no image
現実化と内側を見る事

※最近ブログをお読みいただいた方から文章がドライだし、分かり難いとのご指摘がありました。もちろん僕が書く文章の癖というか質ではありますが、自分の話す際のキャラと異なる面もあるので、これからは「新しい事 …

意図が明確になると後悔や失敗が消える理由

「あの時こうしたらどうなったんだろうか?」「あの時こうした方がよかったかな?」   このような後悔に時間を割くことは時間の無駄と言えます。なぜならば、全ての出来事は完璧だからです。パズルのピ …

no image
言葉と現実の関係性

私達が発する言葉は未来の出来事(正確に言えばこの瞬間の出来事)を創っています。もちろん意図して覚えているものもそうですが、遠い昔に発していた事も何らかの形で現実の出来事を作り出しています。 既に自分が …

Balancing

母なる地球と父なる宇宙。女性性と男性性。マイナスとプラス。ネガティブとポジティブ。陰と陽。善と悪。 様々な2極の概念がありますが、その片側には答えはありません。例えば、世の中はポジティブが善で、ネガテ …

no image
現実化の早道

現実化。意図した欲しいものや状況を現実に投影するということですが、人間であれば誰しもができることです。 しかし、ずーっとほしいと思っているのになかなか現実化していなかったり、手に入れたのに意図したモノ …