パートナーシップの意義

昨夜は「Love for パートナーシップ」と題したイブニングワークショップを行いました。ワークでは、僕の個人的な体験を踏まえつつ、パートナーシップの意義、パートナーと繋がるための3ステップ、愛をはぐくむためのマントラ等を行いました。参加された方々が豊かなパートナーシップを築くための祈りも行いました。

僕自身も長年パートナーシップについてはなかなかうまくいかないという体験をしてきましたが、自分自身と向き合い、自分のビジョンを素直に表現してきた流れで、最愛のパートナーであるエリーと結婚ができ、結婚という実際の体験を通してパートナーシップの意図を理解してきております。

パートナーシップを築く、いわゆる結婚は、人間体験の中でも最も神聖な誓いの儀式だと感じています。それだけ、パートナーとの関係性から自分自身を見詰めたり、自分の本質と触れたり、様々な意義を体感できるように思います。パートナーシップには次のような意義・意図があるように感じています。

・自分自身を知る
・女性性と男性性のバランス
・同じ時空を共有する喜び
・心が望んでいる事を知る etc

結婚を通して、自分自身の本質に触れ合う体験になってきます。

もしパートナーシップや最愛のパートナーと出会うことを意図しているのであれば、まずは自分自身のエッセンスやビジョンに触れ、できる範囲で構わないのでそれを実践していくことがキーだと感じています。

焦らずに自分自身のペースでエンジョイしていれば、自分のペースのハーモニーと合うパートナーが自然と現れるように感じています。

次回は新潟県上越市でパートナーシップのワークショップを予定しております。

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください