真の声

真の声とは、私たちの本質のハーモニーと繋がった時に奏でられる声。多くのアーティストだけでなく、自分自身を知る事を探求している人々が日々探している「これだっ!」という感覚。それは、真の声を知った時に体全身に響きます。逆に真の声を知ってしまったら、もはや今までの過去の体験を糧に生きていけず、「こうじゃないか」とか「こうなるだろう」と思い描いていたビジョンが崩壊し、真の音、魂のエッセンスとでも言うべき、始めから終わりまで永遠に変わることができない部分のビジョンで人生を生きていくことになってきます。

これは体にとってはとても怖いことになりますね。なぜならば、体は基本的に今まで「生きてきた」証を糧に成長してきたからです。新しい環境に入ろうとするとき、体は抵抗をします。なので、自分を知ることには、ある意味でリスクが伴いますし、勇気も最初は必要になるでしょう。

デヴァ・プレマールというドイツ出身の女性シンガーがいます。彼女はそんな真の声を発見した一人だと感じています。なぜならば、全てのアルバムに渡り彼女の声が一貫しているからなんです。一貫性。それだけで、どんな歌を歌おうと、彼女のメッセージが響きますし、私たちの「何か」に響きます。デヴァ・プレマールは多くの人に影響を与えてしまうパワーを持っています。それを、音楽、そして古から伝わるマントラにのせて届けてくれています。もちろん、デヴァ・プレマールが絶対的な存在という訳ではありませんが、一人のモデルとしてそのエネルギーを感じることができます。

特に人気があるのが、アルバム「Embrace」に収録されているOm Namo Bhagavate という「解放」を意図したマントラの曲です。(こちらから試聴ができます→試聴 )
声を聴くだけで癒し的な体験をされる方が多いです。(※昨日友人と話していたんですが、ドリカムの吉田美和さんの声のトーンに何となく似ているので日本人としても馴染みを感じるかも)

最近は「Into Light」という新しいコンピレーションアルバムが発売されました。今までのデヴァ・プレマールの作品+未発表曲から厳選された楽曲が収録されていて、定番でありパワフルなマントラが聴けます。今までデヴァプレマールの作品はもちろん全て聴いてきましたが、いわゆる「おいしい」部分を選んでいる感じです。デヴァ・プレマール初めての方にもおすすめの作品です。

Into Light by Deva Premal  (¥2,520)

  • 1.Lokah Samasta <10:12>
  • 2.Om Namah Shivaya (Remixed by Bhakti Brothers) <5:54>
  • 3.Moola Mantra (Invocation) <8:11>
  • 4.Moola Mantra (Part 2) <10:17>
  • 5.Ilumina (Deva Premal & Miten) <3:41>
  • 6.Teyata [Shaman’s Dream Remix] <7:26>
  • 7.Maha Mrityunjaya <1:30>
  • 8.Gayatri Mantra <9:45>
  • PlayPlay

    Follow me!

    The following two tabs change content below.
    大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください