春分に向かうエネルギー

Zemanta Related Posts Thumbnail

今月3月21日は春分の日ですね。お彼岸の中日で、「こちら側」と「あちら側」のゲートウェイが開いて繋がる日と言われていますね。この日はワールドブルーでも春分の日の祈りのイベント+薬膳鍋de春分の宴を行いますので、お時間ある方是非ご参加ください。

 

さて、春分に向かっている訳ですが、この時期体に負担が出やすいという話があります。冬至から春分、そして夏至へと向かっている訳ですが、私たちの体のゲートから、本質のゲートが開いてきている時期です。私たちの本質がこの世界でプログラムしてきた体験を進めようとする力が放射している時期。

 

もし体が疲れていたりストレス等で、この本質の流れにまだ慣れていなかったり準備が整っていないと、本質の放射に対して抵抗が出るため、抵抗感が体に表れることがあります。

 

もちろん、個人差はあるので必ず体が抵抗するという訳ではありませんし、逆に体にブロックがあればいつでも抵抗してくるので、時期に関係なく体が調子がイマイチという場合もあり得ますね。やはり、体のケアはいつでも大切です。もし、今の時期体調が崩れてしまっている場合は、時期的なものと体のブロックが影響している可能性もあるので、自分自身のビジョン・意図を明確にするチャンスとも言えます。日頃の感謝を体に伝えましょう。

 

3/21(祝・金) ハーフデイワークショップ 「 春分の日の祈りの集い+薬膳鍋de春分の宴」 
あちら側とこちら側が繋がる日に肉体へ感謝しビジョンを祈るイベント+薬膳鍋de春分の日の宴!

日時:2014/3/21(祝・金) 10:00-12:00 春分の宴 13:00-
料金:3000 円(税込)
会場:ワールドブルー(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/syunbun2014.php

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。