いつもここにある寺院や神殿

temple_eye

世界には様々な神社やお寺、教会、神殿など聖なる祈りの場所があります。その場所はどれもパワースポットですね。、多くの人が様々な祈りを行うことで、集合的なエネルギー場が生まれ、その場所を訪れるだけで、神聖な気持ちになったり癒されたりします。

 

僕の好きな映画の一つにインド映画があります。インド映画好きのキッカケになったのが、日本語タイトル「ムトゥ-踊るマハラジャ-」という作品です。主人公のムトゥを演じるのはご存知インドのスーパースター ラジニカーントです。正直、ラジニの姿を初めて観た時はただのおじさんかと思ったものですが、これが映画の中の彼を見るとその魅力が半端ないんですね。観終わった後は完全に心を奪われ、ファンになりました。その後、日本のファンクラブにも入ってしまうほどでした。

 

で、その映画の中で、ある聖者が舞台であるお屋敷に来て、「主人はどこにいるんだ?」と訪ねてきます。お使いの者が「今主人は寺に行っている」と答えます。すると聖者は「何をしに寺に行っている?」と聞きます、使いの者は大笑いして「そりゃ、お祈りをしに行っているに決まっている」と答えます。すると、聖者も大笑いしてハートを指指しながら「ここに寺があるのに何で寺に行く必要があるんだ」と聞き返します。

 

このシーンからも感じましたが、私たちの体こそが寺院と言えます。その中に鎮座しているのは、私たちの本質の輝き。魂でもあり、ビジョンでもあります。その外側への象徴が、神社であり寺院であり神殿。まずは、自分の体をしっかりとケアをすること、そして自分の体に祈りを捧げること、自分の体を神聖さで接することが、本来の私たちの魂やビジョンを輝かせるポイントだと感じています。

 

P.S. 徐々にですが育児の流れが見えてきました。多くの方の応援ありがとうございます。6月からのワークショップも企画しました。詳細は上部のワークショップ情報をご参照ください。現在のところ、6/14(土)体外離脱ワークショップ6/28(土)29(日)はじめてのアカシックレコードを開催予定です。お申込お待ちしています。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。