カンファレンスに参加して

1d9b842c.jpg昨日の夜、無事に帰国しました。初めてのコロラドは自然に囲まれており、また買い物なども便利で、とても過ごしやすく居心地のよい場所でした。カンファレンス前にゲリー達と食事をしたとき、ゲリーに初めてここに来たと伝えると、ある理由で前にも来た事があるような感じがしていた、との事でした。確かに土地の雰囲気、蒸気機関車の音、川の音、山々の景色など、自分の中の何かを刺激するかのようでした。

初めての海外でのこのようなカンファレンスも自分にとって大きな体験でした。ゲリーのワーク内容は僕が今まで体験したこととほとんど同じですが、そのアプローチは日本とは異なりました。やはり文化的な背景の違いがあり、アメリカの場合はとてもダイレクト。参加者も積極的に質問をします。そのエネルギーには圧倒されそうでした。

クリスを始め、今回は様々な人とコミュニケーションが出来たことがとても嬉しく、国は違えど、感じていることは同じであることが分かりました。結局、同じ人間って事なんですよね。今後の繋がりもでき、新しい交流が始まりそうです。

カンファレンス以外では、初めてのラフティング、メサヴェルデツアー、そして新しい石との出会いがありました。地球って神秘的であり、楽しい場所だなぁと再認識。

写真はメサヴェルデの居住エリアの写真。こんな場所に人間が生活していたなんて、本当にすごいと感じました。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

カンファレンスに参加して” に対して1件のコメントがあります。

  1. パオパオ より:

    お帰りなさい。
    充電されたようですね。
    来月からのスクール、頑張って下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください