ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

アカシックレコードvsリモートビューイング part.2

   

expandness

アカシックレコードとリモートビューイングの違いについてよくお問い合わせがあります。以前にもブログで書きましたが、別の例で書いてみたいと思います。

アカシックレコードとリモートビューイングの違いについて説明するのに、映画の例が分かりやすいと思います。

映画は、様々なカットがありシーンを作り、シーンが集まって映画という作品になります。映画には、様々な出来事・イベントがあり、主人公や登場人物が様々なそのイベントに対して反応をしてストーリーが展開していきますよね。

実際の映画の撮影風景を見てみると、役者さんや、監督さん、助監督さん、メイクさん、カメラマン、照明さん、など等たくさんのスタッフがカットを撮影するために働いています。映画の中では、たった10秒のシーンに1日を掛けたりすることもあります。

映画のストーリーを追って、どんなイベントがあり、どう展開していくのかを観察するのがアカシックレコードです。

映画の中のワンカットを取り出して、その撮影シーンに入り、どの位置にカメラマンがいて、監督さんが指示をしていて、ロケーションはどんな色があり、どんな香がして、温度や味覚、音、その周囲の感情などを観察するのがリモートビューイングです。実際のカットの中にいる状態です。

映画ではなく、これを実際に私たちの人生で考えれば、アカシックレコードでは、この人生ではどんな事が起こってどんな反応があったのかを全体的に見ます。リモートビューイングでは、具体的に例えば1989年3月25日午後3時32分の長野県松本市立岡田小学校というように具体的な時空に意識を移動して観察をするイメージです。この点から、リモートビューイングは意識的なタイムトラベルとも呼ばれます。

両方とも五感・感情を伴いますが、意識の状態が深くなればなるほどアカシックレコードではある瞬間五感が一つに繋がり、情報と私が融合したような感じになっていきます。リモートビューイングでは、日常を過ごしている状態と似ていて、五感と感情が使える体験と言えますが、意識が深まれば完全に体から意識が抜けるような体外離脱的な体験になります。またあるポイントまでいくと、アカシックレコードアクセスもリモートビューイング的に、アカシック情報の中で生きているような感覚にもなってきます。

両方に言えることは、体験をしている間、趣味や嗜好パターン、ジャッジなどを手放して完全な観察者として情報にいることができるほど、情報が正確になってくるということです。不安や心配、「こうでなければならない」というものがフィルターになると、それが情報を歪めてしまいます。専門用語では、AOL(Analytic Overlay)と呼びますが、詳細は記事「AOL(Analytic Overlay:分析的オーバーレイ)」をお読みください。

8月は下記の内容でアカシックレコードワークショップとリモートビューイングワークショップを行いますので、ご興味ある方は是非ご参加いただければと思います。

アカシックレコードワークショップ2DAYS in 東京
アカシックレコードの基礎から実際のアクセスを行うワークショップ。アカシックレコードの情報を今に活用しましょう。

日程:8月10日(土)11日(日)
時間:11時~18時
料金:48,000円(税込)
会場:ワールドブルー
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/akashic1308.php

リモートビューイングワークショップ2DAYS in 東京
意識的なタイムトラベルを通して、自分自身で自分のブロックをリリースします。ゲリーボーネル氏との共同開発プログラム。

日程:8月24日(土)25日(日)
時間:11時~18時
料金:48,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/remote_viewing1308.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - アカシックレコード, リモートビューイング , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

仙台・平泉の旅

3月16日~20日まで仙台に行ってきました。アクリスプラスとのコラボレーションで、17日・18日は仙台で初のアカシックレコードワークショップ、20日は「春分の日の祈りの集い」を開催しました。ご参加いた …

アカシックレコードからの情報の使い方

アカシックからの情報はニュートラル。つまり、良いとか悪いという偏見は一切なく、単なるデータとして記録されている共有ネットワークです。どのように活用するかは私たちの意図や生き方が影響します。 例えば、結 …

no image
情報を活用すること

今回の震災に関連して、様々な風評・噂が広がり、様々な被害が起こってしまっていることはとても残念なことです。現代は、情報社会。インターネットをはじめとする様々なメディアの発展もあり、様々な情報が検索ひと …

何も変える必要は無い人生

  運命を変えるという話があります。例えば、人類や個人の記録が入っているアカシックレコードの記録を変えて、よりよい人生にするという概念がありますが、そんなことを実はする必要が無いばかりか、実 …

アカシャでカンシャ

アカシックはサンスクリット語のアーカーシャという空や宇宙、虚空を表す言葉に由来し、宇宙の図書館やハードディスクにも例えられる人類と個人の記録が保存されている貯蔵庫。誰しもがそのネットワークに繋がってい …

あるラマ僧の話~継続すること

そして、彼は目を覚ました。時間にしたら20分位だったかと思うが、彼が座禅をしていた周りの雪を溶かしてしまう程のエネルギーを体全身で味わい、まるで彼自身が熱湯そのものになったような感覚だった。その瞬間、 …

未来の予知をどのように活かすか

アカシックレコードやリモートビューイング、夢や幽体離脱等でタイムラインの中へ入って行く事で、これから起こりうる未来の可能性(プロバビリティ)を知る事ができます。簡単に言えば、予知や予言ですね。 &nb …

アカシック情報のズレ

アカシックレコードはユーザーフレンドリーで、それはインターネットの検索エンジンのように知りたい情報を検索すれば、情報が示されます。 アカシックレコードを読むのは興味があれば誰もができますが、ただ、ポイ …

no image
今から始まるストーリー

今この瞬間に人生の第一幕が終わって、第二幕が始まるとしたら、どんな脚本を書くでしょうか?どんな五感や感情を感じていくでしょうか。 これからの未来(実際は過去さえも)は今この瞬間の意図で決まります。誰し …

アイルランドの兄妹の記憶から・・・【時空を越えて自分を知る】

アイルランドのグレンダロッホと呼ばれる街の近く。今から約300年ほど前の兄妹の話。 「一人で森の中には絶対に入らないようにね。一人では危ないからね。行くんだったら僕と一緒じゃないとダメだよ。」 と兄が …