感情を味わう

小さい頃の体験を通して、私たちは感情を抑圧することを覚えてきました。

例えば、「我慢しなさい」「こうしちゃいけない」等のコントロールを様々な場面で受けることで、悲しみや怒り等の感情を表現せずに無理に抑えてしまう。こういう事は、社会的にも世代的にもよくあったと思います。その裏には、家族や親、社会から認めてもらいたいという希望が存在しています。

感情を抑圧しているままだと、大人になっても、その抑圧した感情によって自分自身に傷を与えてしまうことがあります。自分自身で自分を追い込むような形ですね。

では、どうしたらよいか。感情を充分に味わうことがキーになるように感じています。その際に、「あの人がこうだから」とか「過去こうだったから」というような他者に対してだったり、時間軸(過去や未来)に対象・意味をおかずに、ただその感情を味わうことです。

もし悲しい事があったら、ただ悲しみを味わう。怒りを感じていたら、その怒りを味わう。嫌な事があったら、その嫌な事をただ味わう。これを自分自身の中だけで完了させます。

これを、他者や過去・未来に向けてしまうと、問題になりますし、再び感情の抑圧のループに入るので要注意。

泣きたいことがあったら泣くことに集中したり、嬉しいことがあったら嬉しさに集中すればいいんです。そうすることで、抑圧された感情がリリースされ、抑圧の下にあったビジョンが開花したり、情報の流れに入ることができてきますね。

▼7月以降のワークショップのお知らせ

イブニングワーク「サウンドメディテーション」
音(サウンド)は非常にパワフルなエネルギーです。この世界は「音」から始まったとも言われているように、音は私たちの心身に大きな影響を及ぼします。今回のワークでは「音」にテーマを搾り、特殊なサウンドやマントラを使って、リラックスしたり意識を拡大するワークを予定しております。

日程:7月21日(木)
時間:19時~21時
料金:3,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/evening/evening93.html

2Daysワークショップ「リモートビューイングワークショップ」 in 東京
ゲリーボーネル氏と一緒に開発したゲリーボーネルジャパン公認プログラム。
バイロケーションを体感し、意識を拡大すると共に、多次元的な自分を知ったり、思考パターンや葛藤のリリース、現実化などに役立つ体感型ワークショップです。意識的なタイムトラベルを体感します。体外離脱や現実化に興味ある方にもおすすめのプログラムです。

日程:9月3日(土)4日(日)
時間:両日とも11時~18時
料金:48,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/bilocation09.php

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

メールマガジン

ENJOY NOWでは「ワクワクした人生をゲットするための情報」をテーマにしたメールマガジンを発行します。購読は無料。お気軽にご登録ください。

感情を味わう” に対して1件のコメントがあります。

  1. てらもと より:

    自分が感情に乏しいため、自分自身がどういう人間かわからなくなっています。
    感情の大切さを痛感しています。感情が湧いたときに頭で判断しないようにすることが大事だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください