ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

現実を変えるキー

   

wheeling

どんな状況であっても、今見ている現実は、私たちが意図した結果です。

私たちは生きるための癖を過去の体験から身に着けてきました。どんな結果であれ「生きてこれた」という実感や証拠から、固定された思考パターンや行動パターンに従って起こる出来事に対して対応をする傾向があります。「やりたい」という気持ちを無視したり諦めたり妥協したりして、なるべく安全な方法で、例え傷付いたとしても、安全策をベースにした行動を取り、いつも同じ結果を味わい安心を得ます。

もし今起こっている現実に違和感があれば、少しづつでも自分らしい行動を取っていく行動をしてみると、そこから新たな道が見付かるものです。創造力を使う事もその内の一つですね。どんな結果になろうとも、どんな状況でも、自分の気持ちを表現していくことが自分のオリジナルの人生を展開させていくキーと感じています。

 

▼野生のイルカと泳ぐ「ネイチャー&ミスティックツアーワーク」申込締切延長 8/17(土)まで。

ネイチャー&ミスティックツアーin御蔵島
伊豆七島のひとつ御蔵(みくら)島。そこには豊かで雄大な自然とイルカたちが暮らしています。イルカ意識と繋がり様々な情報を得る体験をしてみませんか?

日程:2013年8月30日(金)夜出発→9月2日(月)夜東京到着(予定)
詳細&お問い合わせ:
Acrys+: http://www.acrys.jp/(会員用パスワードはacrysになります)
http://www.w-blue.com/workshop/work/mikura2013.php

 

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
期待しないことを期待すると

以前書いたことの続きです。 期待しない事を期待すること。これが自分のビジョンや意識を拡大させるためのキーになりますが、ちょっと分かり難い概念なのでもう少し紐解いてみようと思います。 期待しない事とは、 …

ゆだねるだけでは人生のビジョンは展開しない

自然にゆだねることが大切だという考え方があります。考えすぎるよりもゆだねることが大切だということは確かに一理ありますが、ゆだねるだけでは人生のビジョンは展開していきません。   ポイントは、 …

アストラルプロジェクションで現実化が早まる理由とは?

アストラルプロジェクション(Astral Projection)は日本語で言うと幽体離脱になります。厳密に言えば、いわゆる体外離脱(Out of Body Experience やRemote Vie …

no image
凹凸から水平に

凹凸(デコボコ)面に水が流れると、窪みに水が溜まります。凹凸面の溝が深ければ深いほど、水の量が増えます。 その凸凹が徐々に無くなり、水平面になると水はスムーズに流れていきます。 私たちの内面に溜めてし …

no image
Shantih Mantra–平安のマントラ

久しぶりのブログになってしまいました。4月中旬は新潟上越市でリモートビューイングワークショップ、マントラ、曼荼羅のワークショップ等を開催してきました。季節は春。上越の高田公園は日本三大夜桜のひとつとい …

no image
微妙な感覚に

私たちは日々の生活の中で様々な感覚を使っています。視覚、嗅覚、味覚、聴覚、触覚という五感、喜怒哀楽の感情、それと気持ち。どれも生きている証でもありますね。その五感・感情、気持ちを味わえることこそが、こ …

ビジョンを現実化させる春分

冬至は「神々の門」「魂のゲート」で、夏至は「先祖の門」「体のゲート」。冬至から私たちの魂のビジョンが拡大し、夏至から私たちの体のビジョンが拡大しやすくなります。太陽の影響を受ける私たちの全体的なバイオ …

no image
ずっと変わらないもの

地球という星に生まれて私達は生活を送っています。 今まで様々な国を訪れ、いろんな文化と触れてきましたが、地球は狭いという言葉があるように、まさにどこにいたとしても、そこには自分しかいないように感じます …

no image
ONE

リチャードバック著の「ONE(ワン)」は、まさにパラレルワールド(平行次元)、そしてオーバーソウルについてうまく表現している作品です。 ストーリーとして描き、分かりやすく多次元的な「私」について説明し …

no image
承認と信頼

特にスピリチュアルな体験というのは、今まで家庭、学校、社会では理論的に習っていないし、一般的にはまだ非科学的として見なされている傾向があるため、「この体験って本当なんだろうか?」という事から様々な疑問 …