ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

コネクション

      2011/01/10

人と人との繋がり、もっと言えば魂と魂の繋がりはこの世界では切ることができません。極端な話、1人で山に篭ったとしても無理です。どんな環境にいても、私たちは意識的にも無意識的にも他の人々と繋がっているものです。距離には関係なく。そして、その繋がりは「音」として例えることもできるように感じています。そんな映像作品があります。

P.S.新しいシステムに以降しました。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き, 映像・動画 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

オリジナリティ発揮のチャンス

一人ひとりがオリジナルの表現方法や創造力を持っていて、ある意味人類を代表して日々のリアリティの中で体験をしています。   現実的な世界では、誰も他者にはなれないし、他者に自分になってもらうこ …

no image
情報と心

今はまさに情報社会ですね。人の心の状態も情報と関係が強いように感じています。今や携帯電話やインターネットは無くてはならないツールとなっていますが、便利な面がある反面、私たちの心に不安や心配事などの種を …

1+1=1

1+1=2 これは算数で習う正しい計算方法ですよね。 しかし、この計算方法は分離を前提にした計算方法になります。 分離とは、全てを孤立させて分けて考えることですが、 これはオールドパラダイム的な概念で …

どんな問題や疑問の中には自分の答えがある

  シャーマニズムの体験から理解したのは、この世界は「無・空」から「有」が放射されて創られていると言うことです。始まりは「無」ではありますが、その中にはこの世界の森羅万象・全ての概念を育ませ …

言葉とフィーリング

私たちは言葉の世界で暮らしています。言葉の中にフィーリングが保存され、その言葉が発せられることによって、目の前の世界や内側の世界に言葉の世界が創りだされます。それはとてもシンプルな仕組みです。どんな言 …

ゆるぎない自分を知ることになる

私たちは誰しもがオリジナルな存在です。この世の中には誰一人として同じ人はいません。ツインフレームやツインソウルという概念もありますが、例え相手がそうであっても、似ているだけで同じ訳では無いんですね。 …

シルバールチルクォーツ

面白いストーンと出会いました。その名もシルバールチルクォーツです。僕にとって初めての出会いでした。よく金や赤、緑の針が入ったルチルクォーツは見ていましたが銀色のルチルクォーツは初めて。 銀色は、純粋性 …

no image
好き・嫌いを捨てるとは?

レストランに行って何を食べるか選ぶ時、買い物に行って服を買う時、聞きたい音楽を選ぶ時など、日常の様々な場面で私達は「選択」に出会います。「何を食べようか?」「どんな色にしようか?」「どの曲を聴こうか? …

WBC Vol.1 「リモートビューイングワークについて」動画ニュース

ワールドブルーがお送りするニュース動画、名付けて「World Blue Channel」です。その第1回は先週掲載させていただいたリモートビューイングのワークショップについてです。若干、映像的に粗いか …

no image
ロズリン礼拝堂の音の暗号

先日イギリスのトーマスミッチェル氏(Thomas Mitchell)とその息子で作曲家・ピアニストのトーマススチュアート氏(Thomas Stuart)がスコットランドにあるロズリン礼拝堂の壁面に隠さ …