記憶のタイムマシン

人生を豊かにするコツの一つとして記憶することがあります。どんな些細な事でも構わないので記憶をしていくことで、意識が拡大していきます。

記憶をすることは単に知性を高めるだけではなく、私たちのエーテル体という肉体の1つ外側にある領域を活性化させ、多次元的な自分というものを味わう事ができるようになります。
体外離脱・リモートビューイングを行う時、私たちはエーテル体という「タイムマシン」に乗って旅をします。記憶をすることは、このタイムマシンにガソリンを入れているようなものです。
ちなみに、タイムマシンで思い出すのは映画「サマータイムマシンブルース」。タイムマシン無駄遣いというキャッチコピーも付いている僕が愛する劇団ヨーロッパ企画の作品を元にした映画。
最後は「なーるほど」という時間軸のヒントがある、コメディ。

話がそれましたが、拡大するための記憶にはモチベーションは大切。いろいろな意見があると思いますが、自分自身の興味の無い領域での記憶をすることはかえってストレスになってしまうこともあるでしょう。
例えば、強制的に課された課題や、受験勉強やテスト勉強など、何かの評価を満たさなければならないという義務的な記憶です。

どんなモチベーションでも構いませんので、自分自身が興味を持つ事を日々の中で記憶していくことが様々な可能性を広げてくれるように感じます。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください