コントロールで再び眠りに落ちることも

mozaic

最近の時代傾向として、自分自身の本質に目覚め始めやすい反面、元の眠った状態へと戻ろうとする傾向も同時に強くなってきているように感じています。相反する力が働くというようなイメージですね。

 

自分自身に目覚めていくと様々な能力や可能性も目覚めていきます。今まで気付かなかったり、眠らせていた能力が活性化していくと、周りの人に対してのコントロールの問題が浮上する傾向がよくあります。次のような想いがよくありがちな例です。

 

「この能力は素晴らしいから、この力であなたを助けてあげましょう。」

「なんでそんなわずらわしいことをしているの?私が代わりにしてあげましょう。」

「私は特別な存在だから、あなたを助けてあげましょう。」

「あなたのスピリットガイドが○○と言っているから、私があなたを助けなければならない。」

 

このような傲慢さや自己重要性が浮上します。これは他者の許可があれば全く問題はありませんが、許可が無く勝手に上記のような事をしてしまうと、結局は目覚めていたのが、再び眠りについてしまうようなものです。傲慢さは誰しもが持っているもので、矛盾するようですが自己に目覚めるほど、浮上しやすい罠。

 

どんな時でも、相手がどんな状態であろうと、他者の存在を認め、もし相手に伝えたい事やしてあげたい事があれば、直接的にコミュニケーションを使って対話をし、相手の許可を得ることがとても大切です。もし、相手を操作すれば、そこには「私は他者からの操作を認めている」という状態です。そこから、様々な人間関係上のトラブルも起こり得るし、「外側に自分の正しさを証明する」ということが続き、いつまで立っても満たされない状態がループします。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。