傲慢さから感謝へ

flower_gate

私たちのブロックの中でも砦的なものは傲慢さやコントロールの問題ですね。人生の展開が進み、欲しいものも手に入り、なりたい自分になって来た時が特に注意が必要です。

 

その状態で、外側の世界を見たときに「なんでこんな煩わしいことをしているんだろう」というような想いがあると、外側に対して勝手に助けようとしてしまいます。その助け方も自分自身が進んできた道でうまくいってきた事だったり情報だったりするでしょう。

 

でも、この世界の人は誰一人として同じ人はいませんし、人生の展開方法やアプローチも千差万別。自分自身の方法が他者に必ずしも役立つとは限りません。つまりは、相手の気持ちや方法を認めずに、勝手なワガママな方法で助けようとしてしまうと、傲慢さが強化されてきますし、せっかく欲しいものが手に入り、なりたい自分にもなってきたのに、また昔のパターンに戻ってしまいます。

 

いつでも外側に答えを見るのではなく、いわゆる自分の内側を認める視点を持っていれば、傲慢さではなく全てが感謝となってきます。もちろん、他者からヘルプを求められれば、出来る範囲で必要な情報を伝えたりすることは合意があるので問題にはなりませんが、求められる以上の事をしてしまうと、傲慢さが目を覚ますことになります。とても、傲慢さやコントロールは微細で意識するのが難しいところですが、ポイントは自分自身を認めているかどうか、外側からの承認を必要としていないかなどがポイントですね。日常的に他者に対する反応をこの点からチェックすると、コントロールや傲慢さの罠にはまらず、自然な感謝へと繋がっていくでしょう。

 

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。