ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

真の自分の姿は体感を通して知ることができる

  2017/09/19    意識・心・気付き

私たちは体の体験を通して、本質から放射されている個性、ビジョン、色、音、形、模様を日々の生活の中で表現したり、体感したりしています。   本当の意味で自分を理解する、知るためには、体の体感が …

続きを読む

恐れはパワフルに私たちの想いを増幅させる

ビクビクすることや怖いと感じることに対して、過敏に反応したり戦ったりすることで、更に対象となるものに力を与えることになります。   例えば、寺院にある仁王像などちょっと怖い顔をしている仏像。 …

続きを読む

寝る前の思考や行動で夢の選択が変わる

  2017/09/13    夢・OBE ,

楽しい夢を味わいたいのに、いつも疲れる夢だったり、怖い夢だったり、日常的な夢だったり・・・もっと自由に夢を体験してみたい場合の秘訣は、寝る前の思考や行動を変えることです。   夢の中で自分の …

続きを読む

眠れない夜に意識を拡大する方法や眠る方法

  2017/09/11    夢・OBE , ,

眠れない夜。そんな時、私たちは「早く寝なきゃ」とか「明日早いのに!」とか、焦ってしまい、ますます眠れなくなってしまう。気付けば、朝になっていたなんてことも。そんな体験したことありませんか。 &nbsp …

続きを読む

他者は変わらないし、変える必要も無い

全ての事象や出来事は完璧です。それだけでOK。何も変える必要は無く、パズルのピースとピースは完全です。なぜならば、この世界は「私」という存在が全てを意図通りに創造しているし、「世界」というプログラムが …

続きを読む

劣等感をありのまま包み込み自尊心へと変換させる

他者との比較の中で私たちは様々な劣等感・コンプレックスを持つことがあります。羨ましさ、妬み・嫉妬を生み、更に罪悪感や自己否定感を保持してしまいます。学歴や容姿、能力、恋愛・・・様々な領域に劣等感は生ま …

続きを読む

悲しみの感情を簡単に手放す方法

感情を抑圧してしまうと私たちは様々なトラウマや後悔、「ああしてたらどうなったかな」というような想いに圧倒されてしまいます。特に悲しみの感情は私たちを過去へと繋ぎ止めてしまいます。   個人的 …

続きを読む

体のケアで本来の生き方に繋がる

昨日のアウェイクニングプログラム5期のワークショップは大野百合子さんをゲスト講師に迎えて行う恒例のヒプノセラピーワークショップでした。 百合子さんの経験に基づく深いヒプノやボディーワークで11月に行う …

続きを読む

人を愛するということ

人を愛するということの意義のひとつ、それは「自分が一体誰なのかを知ること」です。恋愛・パートナーシップを通して、私たちは自分の正体に触れることになります。   長い人類の歴史で、恋愛について …

続きを読む

集中力を高めるための五感と感情の使い方

集中力を高めるために大切なのは、五感と感情の豊かな表現が秘訣です。私たちは日々五感や感情・フィーリングを使って生活を送っていますが、価値観や生き方によって全てを使えている訳ではなくて、部分的になってし …

続きを読む

全ての浸透している「私」の意識

8/28は誕生日でした。たくさんの方からメッセージを頂き、ありがとうございました。誕生日は家族のイベント恒例で夢の国ディズニーで過ごしてきました。滞在したホテルに妻のエリーが連絡しておいてくれて、チェ …

続きを読む

世界の真理はコミュニケーション

私たちが生きているこの世界の真理の一つはコミュニケーション。   自分の気持ちを正直に、素直に、率直に他者に言葉として伝え、他者の気持ちを聴くこと。その上で、更に疑問や聴きたい事があれば聴く …

続きを読む

上手い下手の先にある個性の響き

何かを表現するときに、「上手いか下手か」で、私たちは社会の中で培った体験を通して、この2択を指針にして比較をしてしまうことがあります。   例えば、よく個人セッションやワークショップなどで、 …

続きを読む

動と静のバランスに響く自分の正体

自分らしさ、自分の本質を生きるためには動と静のバランスが大切です。   動というのは、運動をする、表現をするなどの体を動的に動かすこと。現実を生きるために必要なのが動です。 静とは、リラック …

続きを読む

怒ったっていい。怒りのエネルギーの処方箋

  2017/08/24    意識・心・気付き

理不尽なことや納得がいかないことがある時、私たちは怒りという質を持つ感情やエネルギーを味わいます。人間であれば、怒りを味わうことは当然のことであり、それはこの世界を生きている証とも言えます。だから、怒 …

続きを読む