21日間

Natural

21日間というのはマジカルナンバー。21日間続けることができると、それが習慣になるとよく言われています。

インドの叡智ヴェーダの伝統でも断食を21日間行うという伝統もありますし、スポーツの世界や自己啓発の世界でも21日という数字がよく現れます。体外離脱のワークでも21日間はトレーニングを続けてくださいとお伝えしております。何でも21日間続けることができれば、ものにすることができるようになってきます。いきなりマスターになるようなイメージではなく、コツを掴めて流れに乗るようなイメージですね。もちろん、マスターレベルまで発揮できることもあるかもしれません。

21日間続けることができれば、自分のものになるのですが、逆に言えば、自分らしく無い癖や思考パターンや行動パターンも21日続ければ、習慣になるということになりますね。そう考えると、幼少期から行ってきた思考パターンや行動パターンは21日を遥かに越えて続けている訳ですから、もう当然の行動になってしまっているので厄介ですね。

でも、そのパターンに気付いて、もう止めていこうと自覚・認識を21日間続ければ、古いパターンは手放すことはできるということになります。その先には、本来の自分の本質が待っています。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

21日間” に対して1件のコメントがあります。

  1. h9u より:

    初めまして。斉藤つうりさんのツイッター経由で富さんのことを知りました。
    ちょうど最近、引越しを終えたばかりで、前の家での葛藤を手放し、
    空になったところに富さんのメッセージが響きます。
    ものすごい勢いでアップデートしている感じです。
    日々変化に戸惑ったり、感情が生まれたり、思考パターンに気づいたり、新しいメンバーに慣れなかったり、
    混乱しつつもただ時間が飛び去っていくような感覚です。
    自分を知ることの大切さをしみじみ感じます。
    富さんの発信するもの楽しみにしています。ありがとうございます。

    1. 富 一弘 より:

      こんにちは。コメントありがとうございます。引越しの片付けなどは、自分の心の整理にもなりリフレッシュになりますね。新しい環境などで疲れることもあるかもしれませんが、なるべくゆったりとリラックスして日々エンジョイですね。今後ともよろしく願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください