ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

見たい夢を見る事は欲しいモノを得る事と同じ

   

dreaming

夢の中では何でも体験することができます。明晰夢(夢の中で夢に気付いて自由に夢を体感する夢)になれば、意識的に夢を体験することができるようになります。更に、感覚意識が明晰夢に伴っていくと、体外離脱、更に幽体離脱へと広がって行きます。

 

明晰夢であれ一般的な夢であれ、夢は自由な空間なので、本来であればワクワクして本当に体験したい体験ができるものです。しかし、現実的なこちらの世界で、抑圧やブロック・葛藤があると、そのフィルターによって本来体験したい夢ではなくて、まさにブロックや葛藤の夢になってしまいます。ドリームヨガでは「カルマの痕跡」と呼ばれる現象です。

 

それでも、ある意味、そのような夢であっても、私達は自由に夢を見ています。これは、喜びを与える夢ではなくて、自分自身に罰を与えているようなものですね。そして、朝現実で目覚めると、また同じような夢の世界が展開していきます。この状態では、全く何も変わらず、自分自身のブロックを助長したり擁護しているようなものです。人はなかなか変わらないとよく言われるのは、この現実で過去のブロックを心のどこかで肯定し、欲しいもの・なりたい自分を現実化させることを後回しにしたり否定してしまう傾向があるからでしょう。欲しいものを手に入れることは、新しい環境になるかもしれないので怖いことでもあるんです。

 

話が少々ズレましたが、見たい夢を体感することも勇気がいるでしょう。見たい夢がどんどんと見れるようになれば、今の現実も同様になりたい自分になってきます。寝る前に「こういう夢を体験するんだ」という決意ができるかどうかがキーです。
今度の18日(土)は多次元的な自分を知るための「体外離脱ワークショップ」を開催します。残席僅か。ご興味ある方はお早めにお申し込みください。

1/18(土) ワンデイワークショップ 「 体外離脱ワークショップ~体外離脱への旅 」
意識的な体外離脱・幽体離脱を行うワークショップ。多次元的な自分に体外離脱を通して気付きます。

日時:1/18(土) 15:00-17:00
料金:20,000 円(税込)
会場:ワールドブルー(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/obe.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 夢・OBE, 現実化・シンクロ(共時性) , , ,

  関連記事

マグネティックフィールド

私たちの内側&外側は磁場(マグネティックフィールド)が存在しています。 このマグネティックフィールドはエンライトメントへのヒントであり、大地から通したマグネティックエネルギーを頭上へ、つまり第7チャク …

ハーベスト

この世界では時間があります。そのため、大なり小なり何かを現実化させるためには、「時間」が掛かります。 それを例えると野菜や果物。ただ種を巻いただけでは種や苗が育たず、実を得る事ができません。望んだ実を …

no image
ゆっくりと

ゆっくりと歩くことはとても大切です。この世界には時間がありますよね。種を蒔いて実を成らすには時間が必要です。私たちは肉体を持ってこの神秘的な空間を楽しんでいます。 自分自身が本当にやりたいことや望んで …

no image
必ず現れる

数年前から続いている現象ですが、弊社と取引のある会社の担当者Kさんがいます。Kさんが会社に遊びに来る、もしくは連絡がある時はすぐに分かります。 そのタイミングは、 ・Kさんの商品の問い合わせがある時 …

no image
世界の見方

私たちは私たちが「そうでありたい」「そうであろう」という世界を日々、今こうしている時も見ています。 「こういう状況になったら、必ずこうなる」「こうなったら、絶対に無理だ」というような想いが、まさにその …

時間の枠を超越している私たち

当たり前のように使っている時間とうものはとても柔軟です。どのように日常を味わうかによって、長く感じたり短く感じたりするものですね。   時間とは五感・感情と捉えることができます。日常で感覚意 …

no image
夢とリアルの境界線

夢の世界とリアルの世界。私たちは意識的にも無意識的にも両方の世界を日々体験しています。 夢の中でも視覚、触覚、味覚、嗅覚、聴覚の五感を使うし、いろいろな思考や感情も体験しています。この点においては、現 …

no image
別の世界での出会い

多くの方から幽体離脱についてご質問をいただいていますので、今回はいただいた質問をテーマに書きたいと思います。 幽体離脱とは日本語で表現するとちょっとオドロオドロしい響きがあるかもしれませんね。いろいろ …

リモートビューイングって何?

リモートビューイングについてイマイチよく分からないという声を頂いております。リモートビューイングには様々な魅力があります。それを一言で説明となると部分的な感じになってしまったり、専門的な言葉遣いになり …

世界は音と形で出来ている証

上記はヤントラと呼ばれるヴェーダの伝統的な銅版です。ヤントラとはこの世界のシステムを描いていたり宇宙の真理を描いている幾何学的な模様で、ヴェーダでは瞑想や儀式に活用されてきました。これだとよく意味が分 …