自分の力で自分を認めると現実化が起こる

core

私たちは日々、自分自身が持つ価値感・信念に基づいて、世界を体験しています。この世界で何を体験するかは一人ひとりがこの世界にやってくる前にプログラムした内容に基づいていますが、それをどのように体験するかは自由です。苦しみというエネルギーで体験してもよいし、喜びというエネルギーで体験してもOKです。どのように体験したとしても、必ずプログラムをいつかは体験することになります。

 

どのような価値感・信念を持っているかが「どのように体験するか」を導きます。つまり、自分自身がほしいもの・なりたい自分を現実化するまでの、時間や環境は価値感や信念次第ということになります。

 

自分の価値を外側に置いている場合、なりたい自分になるのに時間が掛かることになります。例えば、よくある話で出世の話。ここまで一生懸命働いているのだから、もっと頑張って上を目指したいという価値感。向上心があって悪いことでは無いですが、価値を外側に置いているとキリがありません。あるポイントに来たら、次のポイントを目指し、さらに頑張るという人生。なかなか満足しない状況が続きます。ポジションやお金という価値を、外側に置いていて、他者や社会から認められたいという価値感です。

 

自分の価値を内側に置いている場合、なりたい自分になるのに時間は短縮されます。先ほどの会社の例で考えれば、ポジションやお金に執着せずに、今自分が行っている仕事をどんな事が起ころうとも自分の価値を自分自身で認めて行う事ができれば、仕事だけではなく様々な場面で、ほしい物が手に入り、なりたい自分が現実化してきます。更に、自分で自分を認めているので、他者も認めることができ、もはや傷付いたりストレスというものとは無縁になってくるでしょう。

 

どんな状況であろうとも、自分の力で自分を認めることができれば、心からほしいモノが手に入り、なりたい自分にスムーズに自然になってきます。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。